【スペック】全長×全幅×全高=4300×1900×1165mm/ホイールベース=2560mm/車重=1330kg/駆動方式=4WD/5リッターV10DOHC40バルブ(530ps/8000rpm、52.0kgm/4250rpm)(欧州仕様車)

ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ(4WD/2ペダル6MT)【海外試乗記(後編)】

バランスの問題(後編) 2007.05.10 試乗記 ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ(4WD/2ペダル6MT)
……2554万1250円


ランボルギーニのスーパースポーツ「ガヤルド」が、100kgの減量と10psのパワーアップを得て「ガヤルド・スーパーレジェーラ」として登場した。北米のデザートシティで新たなる猛牛を試す。

レコードイヤー

快適装備ともうひとつ、「ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ」で省かれることのなかった基本機能が、ビスカスカプリングを用いた4WDシステムである。昨2006年、「ムルシエラゴLP640」のテストイベントが、マレーシアはセパンサーキットで開催されたとき、ランボルギーニの首脳は「2駆の軽量モデルを企画している」とメディアに伝えた。

ガヤルド・スーパーレジェーラのリリースが出たとき、「これがその……」と色めき立った人もいたが(リポーターもそのひとり)、違った。「クアトロ」を看板にする親会社アウディが、イメージブースターのランボに4WDを捨てさせなかったという観測が、まことしやかに囁かれた……。

さて、一時はインゴルシュタットに給餌されている、と揶揄されたサンターガタの猛牛であるが、2003年にガヤルドを市場に放って以来、順調に業績を伸ばし、2006年は特に実りの年となった。
2001年に6460万ユーロだった売上は、昨年には3億4600万ユーロ、税引き前利益も2004、05年の各440万ユーロから1810万ユーロに跳ね上がった。2002、03年をピークに、開発費が落ち着いたことも大きい。ちなみにランボルギーニ車の販売台数は、2005の1600台から3割り増しの2087台に増加した。2006年は、新生ランボルギーニのレコードイヤーである。

それでもコンファレンスの後に話をうかがったスタッフのひとりは、「うちは小さな会社だから、失敗は許されないのです」と控えめにコメントした。4WDにして快適仕様そのままのスーパーレジェーラも、手堅いといえば手堅いモデルといえる……。

セルモーターが長めに回り、10気筒に火が入った。ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラのステアリングホイールを握っている。

パドルを引いてギアを入れ、動き出した瞬間に、100kg軽量化と10psアップの恩恵が……、よくわからなかったのである。それでも、素晴らしく力強いダッシュ、鋭いステアリングフィール、そして日常の街乗りには少々遠慮したい硬い乗り心地が、スペシャルガヤルドの第一印象となった。

サイドウィンドウから、空力的に形成されたカーボンファイバー・ミラーがよく見える。道の脇にはサボテンが生え、ひどく乾いた、しかしときに土砂降りの雨が通り過ぎるデザートシティ。全米中でも指折りに成長しているリゾートエリアということで、わがもの顔で路上をいく巨大なピックアップトラックにまじって、ヨーロッパの高級車が奇妙なほど目につく。カッティングエッヂなデザインをまとうイタリアン・エキゾチックも、違和感なく風景に溶け込む。イエロー、オレンジといった派手なボディカラーがよく似合う。


ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ(4WD/2ペダル6MT)【海外試乗記(後編)】の画像
固定式となったカーボン製ウィング。
固定式となったカーボン製ウィング。
ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ(4WD/2ペダル6MT)【海外試乗記(後編)】の画像
ランボルギーニ・ガヤルド・スーパーレジェーラ(4WD/2ペダル6MT)【海外試乗記(後編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガヤルドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る