ポルシェ911ターボに、オープンの「カブリオレ」が登場

2007.05.09 自動車ニュース

ポルシェ911ターボに、オープンの「カブリオレ」が登場

独ポルシェは、「911ターボ」に、オープンボディの「911ターボカブリオレ」を追加した。

911ターボカブリオレは、クーペモデルと同じ心臓、すなわち、ツインターボを備え480psと63.2kgmを発生する3.6リッター“フラット6”ユニットを搭載する。
さらに、オプションの「スポーツクロノパッケージ・ターボ」を選択すれば、オーバーブースト機能によって、一時的に最大トルク69.3kgmを得ることができる。
駆動方式は、電制多板クラッチを用いた4WD。

最高速度もクーペと同じ、310km/hと伝えられる。0-100km/h加速に要する時間は、ATの「ティプトロニックS」で3.8秒。MTでは4.0秒となっている。

屋根は伝統的なソフトトップとされ、約20秒で開閉。オープン化により、フレームの補強や万一の際に自動で飛び出すロールオーバーバーといった装備が伴うものの、車重はクーペに比べて70kgの増加にとどまった。

空気抵抗係数はクーペモデル並みの0.31。120km/h以上になるとリアスポイラーが立ち上がる。「市販されるコンバーチブルモデルのなかで、リアアクスルにダウンフォースを発生させる唯一のモデル」(リリース)。

足まわりは、カブリオレ用にセッティングされた「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム」(PASM)を標準で装備し、19インチの鍛造ホイールを履く。

日本への導入は、2007年の秋以降とのことだ。

(webCG 関)

 
ポルシェ911ターボに、オープンの「カブリオレ」が登場の画像
 
ポルシェ911ターボに、オープンの「カブリオレ」が登場の画像
 
ポルシェ911ターボに、オープンの「カブリオレ」が登場の画像

関連キーワード:
911カブリオレポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • ポルシェ・ボクスターGTS(MR/7AT)【試乗記】 2015.1.19 試乗記 シリーズ随一のハイパフォーマンスを誇る、オープンスポーツカー「ボクスターGTS」。実際の走りは、どうだった? 燃費もあわせて報告する。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る