最高速332km/h、メルセデスSLRにオープンモデル登場

2007.05.09 自動車ニュース

最高速332km/h、メルセデスSLRにオープンモデル登場

最高速332km/h、メルセデス・ベンツSLRにオープンモデル登場

独ダイムラークライスラーは2007年5月4日に、スーパースポーツ「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン」のオープンモデル「SLRマクラーレンロードスター」を発表した。


最高速332km/h、メルセデスSLRにオープンモデル登場

■跳ね上げ式ドアと幌を採用

カーボンモノコックボディのクーペをロードスターとするにあたり、Aピラーがスチール材で強化された。座席後方のロールオーバーバーとともに転倒時の備えとなる。
ドアはクーペ同様、特徴的な跳ね上げ式。

屋根部分にはコンベンショナルな幌が採用された。開閉は半自動となりおよそ10秒で完了する。なお、幌の色は3パターン用意されているという。


最高速332km/h、メルセデスSLRにオープンモデル登場

■最高速332km/h、オープンでも200km/hで会話可能

内燃機関はクーペと同じく、AMG製の5.5リッターV8スーパーチャージドエンジンを搭載。最高出力626ps、最大トルクは79.5kgmを発生する。
トランスミッションには、こちらもAMGの手になる5段AT「AMGスピードシフト」が組み合わせられる。

最高速度はクーペと同レベルの332km/hと公表され、0-100km/h加速は3.8秒のパフォーマンス。なお、オープンエアドライブでも、200km/hぐらいまでであれば、会話も可能であるという。


最高速332km/h、メルセデスSLRにオープンモデル登場

■生産は2007年9月から

インテリアにはカーボンベースにセミアニリンレザーが組み合わせられたバケットシートが配される。そのほか、BOSEプレミアムサウンドシステム、左右独立式エアコン、アダプティブエアバッグに加えて、ニーエアバッグやサイドエアバッグなども装備する。

生産はイギリスのマクラーレン工場にて、2007年9月から開始される予定だ。
なお、価格は公開されていない。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLRクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • デトロイトショー2016(その2) 2016.1.15 画像・写真 メルセデスの新型オープン2シーター「SLC」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • メルセデスベンツCLK320カブリオレ(5AT)【試乗記】 2003.6.15 試乗記 メルセデスベンツCLK320カブリオレ(5AT)
    ……780.0万円

    クーペから遅れること約1年。2003年5月19日、メルセデスの4座オープン「CLKカブリオレ」が日本デビュー。自動車ジャーナリストの河村康彦がさっそく試乗した。


ホームへ戻る