BMWの新型コンセプトモデルは、4ドアGT×スポーツカー【上海ショー07】

2007.05.08 自動車ニュース

【上海ショー07】BMWの新型コンセプトモデルは、4ドアGT×スポーツカー

BMWは、上海モーターショー(2007年4月20〜28日)に新型のコンセプトカー「コンセプトCS」を展示した。

コンセプトCSは、BMWデザインの将来を探る、ワンオフのショーモデルだ。
ラクシャリーグランツーリスモの高級感とハイパフォーマンススポーツカーのスリルを融合したユニークな4ドア車と主張される。

ロー&ロングにしてワイドなボディは、全長×全幅×全高が5106×1978×1367mmで、ホイールベースは、3142mm。同社のフラッグシップセダン、7シリーズと比べて66mm長く、78mm広く、123mm低い。

車幅は後ろに向かって広がり、スポーツカー的なワイド感を強調。特徴的なプロポーションに、大径21インチのホイールが組み合わされる。

フロントには、BMWの象徴たるキドニーグリルが、フロントスポイラー両端には、フロントブレーキを冷却する大型エアインテークが穿たれる。
エンジンに関する説明はないものの、フロントオーバーハング(前輪軸からボディ前端までの距離)は短く、大きな心臓を許容すると想像される。

大柄なボディに収まる乗員は、4名。「ドライバーオリエンテッドなコクピット」(リリース)を持ちながらも、パセンジャーはフルサイズのシートにより、快適な居住空間が確保されるという。
内装にはレザーなどの高級素材を使用。BMWでおなじみ「iDrive」の操作ダイヤルなど、各部操作系には、セラミック素材が採用された。

BMWは、この「4ドアラクシャリーグランツーリスモ」で、新たな市場を開拓するとしている。

(webCG 関)


BMWの新型コンセプトモデルは、4ドアGT×スポーツカー【上海ショー07】の画像

BMWの新型コンセプトモデルは、4ドアGT×スポーツカー【上海ショー07】の画像

BMWの新型コンセプトモデルは、4ドアGT×スポーツカー【上海ショー07】の画像

BMWの新型コンセプトモデルは、4ドアGT×スポーツカー【上海ショー07】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。