【スペック】全長×全幅×全高=4995×1800×1780mm/ホイールベース=3000mm/車重=1840kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6SOHC24バルブ(178ps/4750rpm、30.1kgm/3500rpm)/価格=294万円(テスト車=302万8830円)

三菱トライトン(4WD/4AT)【ブリーフテスト】

三菱トライトン(4WD/4AT) 2007.05.08 試乗記 ……302万8830円
総合評価……★★★★

日本国内向けに販売される唯一のピックアップトラック「三菱トライトン」。その実力はいかに? 笹目二朗が試乗した。

三菱トライトン(4WD/4AT)【ブリーフテスト】

一種の“ファンカー”

このクルマはボンネット型ダブル・ピックアップ・トラックとして、項目別に評価するだけなら並である。しかしこの手のクルマを100%、日本で機能的に使い切る職業の人はそう多くはないだろう。使い途はあとで考えるとして、とりあえず5人の大人が乗れる全長5mの大きなクルマが294万円で買えるとしたら、普通の乗用車とはまた違った意味で楽しめるクルマだ。
これは一種のファンカーである。外観のデザインも楽しそうだし、押し出しも堂々としており大きくて立派。人を荷台に乗せては走れないが、大型犬を繋いでおけそうだし、ヒトと違ったクルマに乗りたい人にとっては大いなる選択肢のひとつである。

高い視点による見晴らしはいいし、3.5リッターのエンジンと4WDはパワフルな走りを約束する。乗り心地は確かにトラック的ではあるが、耐えられないほど硬いわけではない。フンワリした動きに酔いやすい人もいるから、むしろ直接的な動きをヨシとするオトシヨリや幼児にとっては、トライトンのそれを好む例もあるだろう。寛容な若者達にとってはまったく問題ないレベルだ。
オフロードバイクやマリンスポーツ用の乗り物などを荷台に積むのは常識的だが、そうした汚れ物を室内にもちこんでホコリと共に走るワンボックス・タイプよりも、はっきり内外を分けた荷物運びには最適な1台。用もないのに1人で転がすのも、考え方によっては贅沢な乗り方かもしれない。そのうちに何かに役立つチャンスもあろう……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
ホームへ戻る