メルセデスCLK200のエンジンが性能アップ

2007.05.07 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCLK200」のエンジンが性能アップ

ダイムラークライスラー日本は、メルセデス・ベンツ「Cクラス」ベースの4シータークーペ「CLKクラス」に搭載する1.8リッターエンジンを改良し、2007年5月7日に発売した。

「メルセデス・ベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド」に搭載される1.8リッター直4スーパーチャージャー付きエンジンがリファインされた。従来より21psと1kgmの性能向上を果たし、184psと25.5kgmを発生する。

さらに、オプション設定であったバイキセノンヘッドライト&ヘッドライトウォッシャー、アクティブライトシステムとコーナリングライトが標準装備に改められたのもニュース。

価格は従来より12.5万円高い、599.0万円。

(webCG 本諏訪)

「メルセデス・ベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド」
「メルセデス・ベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る