【スペック】
全長×全幅×全高=4525×1815×1450mm/ホイールベース=2760mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブツインターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)/価格=688.0万円(テスト車=721.0万円)

BMW335iツーリング(FR/6AT)【ブリーフテスト】

BMW335iツーリング(FR/6AT) 2007.05.03 試乗記 ……721万円
総合評価……★★★★

新世代ストレート6を積んだ「BMW335iツーリング」。サルーンに負けないスポーティさをもつワゴンとは?
 
BMW335iツーリング(FR/6AT)【ブリーフテスト】

それでもほしい

フルモデルチェンジした3シリーズクーペに真っ先に搭載され、3リッターストレート6の新たな可能性を見せてくれたガソリン直噴ターボエンジン。排気量は3リッターながら、自然吸気を上まわる性能を持つことから、モデル名は「335i」になる。実際には4リッターV8とほぼ同じ出力/トルクを誇り、「340i」といっても文句のないレベルであるのはすでに報告済みだ。

そのハイパフォーマンスユニットがサルーンやツーリング(ステーションワゴン)に展開されたのは、ファンにとってはうれしいかぎり。私自身も、“買うならツーリング”派(!?)なので、このクルマに試乗できるのを楽しみにしていた。

実際に乗ってみると、クーペに引けを取らないスポーティさはBMWの面目躍如。とくにワインディングロードではスポーツワゴンとしての資質の高さを見せつけてくれた。そのぶん、一般道における快適性が多少犠牲になるが、それでもほしいと思わせる魅力がこのクルマにはある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ ツーリングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る