【スペック】
全長×全幅×全高=4525×1815×1450mm/ホイールベース=2760mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブツインターボ(306ps/5800rpm、40.8kgm/1300-5000rpm)/価格=688.0万円(テスト車=721.0万円)

BMW335iツーリング(FR/6AT)【ブリーフテスト】

BMW335iツーリング(FR/6AT) 2007.05.03 試乗記 ……721万円
総合評価……★★★★

新世代ストレート6を積んだ「BMW335iツーリング」。サルーンに負けないスポーティさをもつワゴンとは?
 
BMW335iツーリング(FR/6AT)【ブリーフテスト】

それでもほしい

フルモデルチェンジした3シリーズクーペに真っ先に搭載され、3リッターストレート6の新たな可能性を見せてくれたガソリン直噴ターボエンジン。排気量は3リッターながら、自然吸気を上まわる性能を持つことから、モデル名は「335i」になる。実際には4リッターV8とほぼ同じ出力/トルクを誇り、「340i」といっても文句のないレベルであるのはすでに報告済みだ。

そのハイパフォーマンスユニットがサルーンやツーリング(ステーションワゴン)に展開されたのは、ファンにとってはうれしいかぎり。私自身も、“買うならツーリング”派(!?)なので、このクルマに試乗できるのを楽しみにしていた。

実際に乗ってみると、クーペに引けを取らないスポーティさはBMWの面目躍如。とくにワインディングロードではスポーツワゴンとしての資質の高さを見せつけてくれた。そのぶん、一般道における快適性が多少犠牲になるが、それでもほしいと思わせる魅力がこのクルマにはある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ ツーリングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 320i xDriveツーリング モダン(4WD/8AT)【試乗記】 2013.8.22 試乗記 4輪がガチッと路面をとらえる骨太なフィールこそが4WDドライビングの妙味? それとも、今どきの4WDは後輪駆動車のように軽いフットワークを持つべき? ハンドリングに一家言持つBMWは、こう考えている。
  • BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.9 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。
  • BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.20 試乗記 BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)
    ……838万4000円

    BMWと聞いて期待するもの、それはやはりドライビングの歓びである。電化されて存在感を潜めたハイブリッドパワートレインがもたらす歓びとは? ロングツーリングで考えた。
  • BMW 328iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2012.4.1 試乗記 BMW 328iスポーツ(FR/8AT)
    ……672万1000円

    スポーティーセダンの雄「BMW 3シリーズ」。“シルキー6”から高効率な2リッター直4ターボに載せ替えた新型は、引き続きプレミアムセダンの定番であり続けるのか。
  • BMW 320dブルーパフォーマンス ツーリング スポーツ/320i xDrive ラグジュアリー【試乗記】 2012.11.26 試乗記 BMW 320dブルーパフォーマンス ツーリング スポーツ(FR/8AT)/320i xDrive ラグジュアリー(4WD/8AT)
    ……619万1000円/598万8000円

    かつてないほど大規模なファミリーになりつつある「BMW 3シリーズ」。セダンにワゴン、ガソリンにディーゼルにハイブリッド、さらにはFRに4WD――さて、ベストバイはどれなのだろうか。
ホームへ戻る