【スペック】全長×全幅×全高=4854×1856×1773mm/ホイールベース=2763mm/駆動方式=4WD/4リッターV6SOHC24バルブ(260ps/6000rpm、36.7kgm/4000rpm)(欧州仕様)

ダッジ・ナイトロ R/T(4WD/5AT)【海外試乗記】

濃厚なアメリカ風味 2007.05.02 試乗記 ダッジ・ナイトロ R/T(4WD/5AT)


2007年6月より導入が開始される「ダッジ」。そのミドルクラスSUV「ナイトロ」のスポーツグレードにスペインで試乗した。その走りとは。

チェロキーの従姉妹

2007年4月に日本上陸を果たしたクライスラー・グループ3番目のブランド、ダッジ。北米市場では、GM(ゼネラルモーターズ)のシボレーやフォードと同じように、コマーシャルビークルをラインナップに持つことでも知られる。そのためSUVも、これまではピックアップベースのモデルが主流だった。

ところが日本に導入されることになったミドルクラスSUV「ナイトロ」は、それらとは違う成り立ちを持つ。アメリカで発表されたばかりの新型「ジープ・チェロキー」と同じプラットフォームを使うからだ。よってボディは独立したフレームを持たないモノコックとなる。ダッジのSUVでは初の乗用車専用設計だ。

スペインで行われた国際試乗会で初対面したナイトロは、まぎれもないダッジスタイルをしていた。十字グリルとワイドなホイールアーチが特徴のフォルムは、とにかく堂々としている。しかも試乗したダッジ伝統のスポーツグレードR/T(ロード&トラックの略)は、20インチのホイール/タイヤを履く。こういう演出をさせたら、やはりアメリカ人にはかなわない。

インテリアはシンプルな直線を基調に、メーターやドアオープナーなどに円をあしらったもので、エクステリア同様力強い。フロントシートの着座位置は最近のSUVとしては高めで、インパネの奥行きは浅く、フロントウィンドウは立ち気味と、オーセンティックなSUVの雰囲気がただよう。シートサイズは大きくてクッションは厚く、座り心地はいい。リアシートはかなり広く、身長170cmの僕が前後に座った場合、ひざの前には約20cmもの空間が残った。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る