【スペック】全長×全幅×全高=4850×1843×1497mm/ホイールベース=2765mm/駆動方式=FF/2.7リッターV6DOHC24バルブ(188ps/6500rpm、26.1kgm/4000rpm)(欧州仕様)

ダッジ・アベンジャーSXT(FF/4AT)【海外試乗記】

アメリカンでV6を積む 2007.04.28 試乗記 ダッジ・アベンジャーSXT(FF/4AT)

2007年6月から日本での販売が始まるダッジブランド。4ドアセダンの「アベンジャー」はどうなのか? スペインで試乗した。

カタチで選ぶ

2007年の6月からわが国で順次発売される予定のダッジブランド。まずやってくる4車種のうちのひとつ「アベンジャー」は、ヨーロッパでは「トヨタ・アベンシス」や「マツダ・アテンザ」「プジョー407」などをライバルとするDセグメントの4ドアセダンだ。

プラットフォームは基本的にひとクラス下の「ダッジ・キャリバー」と同じだが、エンジンは直列4気筒のガソリンとディーゼルターボのほかに、2.7リッターV型6気筒ガソリン(188ps、26.1kgm)を用意するのが違いだ。日本仕様はこのV6で、4速ATを組み合わせる予定。日本上陸前にスペインで試乗したのはこの仕様だった。

デザインはセダンとしてはかなりアグレッシブ。大胆で力強いというダッジのブランドイメージそのままだ。リアフェンダー部分をキックアップさせた造形は、ひとクラス上の「ダッジ・チャージャー」に似ているが、前後のウィンドウの傾きなど、全体的なバランスはこのアベンジャーのほうが上に思える。カタチで選びたくなる数少ないセダンだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アベンジャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【ブリーフテスト】 2008.4.1 試乗記 ……653万5200円
    総合評価……★★★★

    「ダッジ・チャージャー」は、パワフルなV8エンジンを抱く4ドアセダン。現代のマッスルカーの実力を、400psオーバーのトップグレード「SRT8」で試した。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2017.3.31 画像・写真 アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の画像を紹介する。2.9リッターV6ツインターボ(510ps)搭載車をラインナップの頂点とし、その下に2リッター直4ガソリンターボや2種類の2.2リッター直4ディーゼルターボが設定されている。
ホームへ戻る