【スペック】全長×全幅×全高=4850×1843×1497mm/ホイールベース=2765mm/駆動方式=FF/2.7リッターV6DOHC24バルブ(188ps/6500rpm、26.1kgm/4000rpm)(欧州仕様)

ダッジ・アベンジャーSXT(FF/4AT)【海外試乗記】

アメリカンでV6を積む 2007.04.28 試乗記 ダッジ・アベンジャーSXT(FF/4AT)

2007年6月から日本での販売が始まるダッジブランド。4ドアセダンの「アベンジャー」はどうなのか? スペインで試乗した。

カタチで選ぶ

2007年の6月からわが国で順次発売される予定のダッジブランド。まずやってくる4車種のうちのひとつ「アベンジャー」は、ヨーロッパでは「トヨタ・アベンシス」や「マツダ・アテンザ」「プジョー407」などをライバルとするDセグメントの4ドアセダンだ。

プラットフォームは基本的にひとクラス下の「ダッジ・キャリバー」と同じだが、エンジンは直列4気筒のガソリンとディーゼルターボのほかに、2.7リッターV型6気筒ガソリン(188ps、26.1kgm)を用意するのが違いだ。日本仕様はこのV6で、4速ATを組み合わせる予定。日本上陸前にスペインで試乗したのはこの仕様だった。

デザインはセダンとしてはかなりアグレッシブ。大胆で力強いというダッジのブランドイメージそのままだ。リアフェンダー部分をキックアップさせた造形は、ひとクラス上の「ダッジ・チャージャー」に似ているが、前後のウィンドウの傾きなど、全体的なバランスはこのアベンジャーのほうが上に思える。カタチで選びたくなる数少ないセダンだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アベンジャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【ブリーフテスト】 2008.4.1 試乗記 ……653万5200円
    総合評価……★★★★

    「ダッジ・チャージャー」は、パワフルなV8エンジンを抱く4ドアセダン。現代のマッスルカーの実力を、400psオーバーのトップグレード「SRT8」で試した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る