【スペック】全長×全幅×全高=4370×1775×1405mm/ホイールベース=2520mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(133ps/5500rpm、19.5kgm/3750rpm)/価格=400.0万円(テスト車=同じ)

ルノー・メガーヌ・グラスルーフ・カブリオレ“エクセプション”(FF/4AT)【ブリーフテスト】

ルノー・メガーヌ・グラスルーフ・カブリオレ“エクセプション”(FF/4AT) 2007.04.27 試乗記 ……400.0万円
総合評価……★★★★
「ルノー・メガーヌ」のオープンモデル「グラスルーフ・カブリオレ」に専用の内装色を与えた特別仕様車「エクセブション」。赤いボディの限定車に試乗した。

魅力的なCC

最近、増殖が目立つ4シーターのクーペ・カブリオレのなかで、「どれか1台手許に置くなら?」と聞かれたら、わたしはきっと「ルノー・メガーヌ・グラスルーフ・カブリオレ」を選ぶだろう。こういうクルマだから、やはりエクステリアデザインが重要で、ハードトップを開けても閉めてもカッコいいのが第一条件。

その点、このメガーヌ・グラスルーフ・カブリオレは、トランクまわりのデザインがすっきりしているおかげで、クーペとしてもカブリオレとしても、実にスタイリッシュなのがいい。そのうえ、ハードトップを閉めても空が臨めるグラスルーフを備えるから、天候によらず、開放感溢れるキャビンでドライブを楽しめるのが大きな魅力である。

これでもうすこしエンジンが元気ならいうことはないが、それを差し引いても十分魅力的なクーペ・カブリオレである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る