【スペック】全長×全幅×全高=4870×1894×1826mm/ホイールベース=2869mm/車重=2099kg/駆動方式=4WD/4.2リッター直6DOHC24バルブ(270ps/6000rpm、38.1kgm/3600rpm)

シボレー・トレイルブレイザー(4AT)【海外試乗記】

『エンジンオリエンテッド』 2001.02.13 試乗記 シボレー・トレイルブレイザー(4AT)深刻さを増す環境問題とはうらはらに、自動車の最大市場たる北米では、巨大なSUVがまっさかり。トヨタ、ホンダ、メルセデスベンツ、BMW、そしてポルシェまでが参入するヨンク(風)マーケットで、シェアの低下に歯止めをかけたいGMが、ブランニューのSUVを送り出した!! ジャーナリスト河村康彦が、シボレー・トレイルブレイザーにメキシコで乗った。
見慣れたアメリカンSUVの室内。ステアリングホイール中央の、エアバッグを収納するパッドが小さいのが、いかにも新世代モデル。

見慣れたアメリカンSUVの室内。ステアリングホイール中央の、エアバッグを収納するパッドが小さいのが、いかにも新世代モデル。
1気筒あたり700ccを誇るビッグ6。オールアルミユニットだ。

1気筒あたり700ccを誇るビッグ6。オールアルミユニットだ。

まったく新しいSUV

21世紀最初のビッグショーとして米国で開催された「2001年デトロイトショー」。この晴れの舞台でベールを脱いだのが、GMが気合いを入れて開発したSUV(Sports Utility Vehicle)「シボレー・トレイルブレイザー」だ。
ここで敢えて「気合いを入れて」といったのは、トレイルブレイザーのシャシーが、既存のモデルとは一切コンポーネンツを共有しない完全なる新作だから。プラットフォームのみならず、搭載されるエンジンも新設計。そのうえ、専用工場まで新設して生産を行なうという極めて大胆なトライを、GMは、ブランニューSUVのために敢行したのだ。

トレイルブレイザーのボディサイズは、全長×全幅×全高=4870×1894×1826mm。現行のブレイザーよりひとまわり大きく、しかしそれでも、GMラインナップ中では「ミドルサイズトラック」の一員に数えられる。
エンジンは、4.2リッターの4バルブDOHCユニット。日本人の常識からすれば8気筒化するのが当たり前の排気量だが、GMは敢えて6気筒ユニットとしてリリースした。V8搭載の、さらに大型のSUVとの差別化のためである。しかもトレイルブレイザーの心臓には、何と!! BMWを除くあらゆるメーカーが見切りをつけようというストレート6のシリンダーレイアウトが選ばれたのだ。



シボレー・トレイルブレイザー(4AT)【海外試乗記】の画像
ボディ構造は、セパレート型。頑丈なラダーフレームを備える。サスペンションは、フロントが「ダブルAアーム」と呼ばれるダブルウィッシュボーン、リアは5リンク式のリジッド。

ボディ構造は、セパレート型。頑丈なラダーフレームを備える。サスペンションは、フロントが「ダブルAアーム」と呼ばれるダブルウィッシュボーン、リアは5リンク式のリジッド。

セダン風テイスト

エンジン担当のエンジニアは、「V6よりスムーズで、ドライバビリティや燃費に優れる。そのうえV8以上のパフォーマンスを持つ」と絶対の自信をもって、新型ストレート6をアピールした。確かにこのエンジン、6000rpmまで滑らかに回る。パワーフィールも良好だ。
組み合わされるオートマチックトランスミッションが、旧態依然の4段というのがちょっと惜しいが、動力性能は、どこをとってもなかなかのものである。

ニューSUVのフットワークも、やはり最新型らしい印象だった。
路面の凹凸を乗り越えると、ラダーフレーム車体特有の、わずかにブルブルとした振動を感じる。が、それを除けば、全般的にはまさに「セダン風テイスト」。
SUVで一流ホテルのエントランスに乗り付けるのも当たり前、という国の生まれらしい味付けなのだ。

驚かされたのは、小まわりのよさ。
決して小さいとはいえないサイズのボディながら、最小回転半径5.5m。実は、これはインラインユニットのお陰。シリンダーがまっすぐ並んだエンジンゆえ、幅方向に狭く、そのため前輪の切れ角を極めて大きくとることができた。

それにしても、内燃機関の終焉がささやかれるこの期に及んで、「エンジンオリエンテッド」のSUVがアメリカから誕生するとは驚きだ。
このトレイルブレイザー、日本にも近い将来の導入が予定されている。

(文=河村康彦/写真=日本ゼネラルモーターズ /2001年2月)

関連記事
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 「シボレー・キャプティバ」に“オールブラック”な特別限定車 2016.6.28 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年6月28日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ Perfect Black(パーフェクトブラック)」を発表した。同年7月2日に15台限定で発売する。
  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)【試乗記】 2001.9.11 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)
    ……349.0万円

    北米はオハイオ州に新工場を建設して生産されるシボレーの新鋭SUV「トレイルブレイザー」。4.2リッターという大排気量ながらストレート6という特異なエンジンを積む意欲作である。山梨県は河口湖周辺で、『webCG』記者が乗った。


  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラNEW 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年)NEW 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産姪名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る