【スペック】全長×全幅×全高=4755×1770×1450mm/ホイールベース=2850mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC(225ps/6800rpm、26.8kgm/4800rpm)/価格=300万3000円(テスト車=360万5450円)

日産スカイライン250GT Type V(FR/5AT)【ブリーフテスト】

日産スカイライン250GT Type V(FR/5AT)【ブリーフテスト】 2007.04.26 試乗記 ……360万5450円
総合評価……★★★★

発売から3ヶ月が経過した2007年2月までに、早くも予想を大幅に上回る1万台が売れた新型スカイライン。
そのクルマの素性がわかる、ベーシックグレードの実力を試す。

さわやかさ

300万円というのは、昔も今も、クルマを買うときのボーダーラインのひとつだと思う。新型「日産スカイライン」の2.5リッター、つまり250GTシリーズは、そのボーダーライン上にある。
今年50周年を迎えたスカイラインという偉大なる看板を、ちょっとばかり脇に置いといて、300万円で買えるクルマとして見ると、かなりイイ線いっているじゃない?という感じがする。
なによりも走りが気持ちいい。ハンドリングは安定しているだけでなく、素直でもある。乗り心地はしっとりしたストローク感が心地よい。さらに従来の日産車が苦手としてきた内装のクオリティも改善された。あらゆる部分の質感が高まっているのだ。

新型のウリのひとつに4WAS(4輪アクティブステア)があるが、それがなくエンジンが小さな250GTでも手抜きはない。むしろハイテクがなく力が控えめである分、素性のよさを堪能できる。そのデキは、同じ値段で買えるSUVやミニバンとは段違いであり、100万円ほど高い同クラスのプレミアムブランドに並ぶレベルにあると思う。
かつてのスカイラインは、典型的な体育会系スポーツセダンだった。新型も350GTの4WASつきあたりは、最新スポーツ医学を導入したアスリートを思わせる。でも250GTからは、そういう汗の匂いがしない。休日に公園で気軽にスポーツを楽しむような、さわやかさがある。スカイラインという名前にこだわらない人にこそすすめたい、いまっぽいスポーツセダンだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
ホームへ戻る