「Eクラス」ディーゼル、1000台受注突破!

2007.04.25 自動車ニュース

「Eクラス」ディーゼル、1000台受注突破!

ダイムラー・クライスラー日本は、2006年秋の発売した新世代ディーゼルエンジン搭載モデル「メルセデス・ベンツE320 CDI アバンギャルド」の受注台数が、2007年4月までに1000台を超えたと発表した。

E320 CDI アバンギャルドは、Eクラスの改良とともに追加導入されたディーゼルエンジン搭載モデル。最新のディーゼル乗用車を日本に導入することで注目された。

3リッターで55.1kgmという大トルク、2リッターガソリンユニット並みの燃費やローエミッションなどを武器とする。
同車には、800万円台という高めのプライスが付けられるが、早くも1000台を突破した。この数字は、Eクラス全体の約15%に達するという。

(webCG ワタナベ)


「Eクラス」ディーゼル、1000台受注突破!の画像

関連キーワード:
Eクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
ホームへ戻る