「Eクラス」ディーゼル、1000台受注突破!

2007.04.25 自動車ニュース

「Eクラス」ディーゼル、1000台受注突破!

ダイムラー・クライスラー日本は、2006年秋の発売した新世代ディーゼルエンジン搭載モデル「メルセデス・ベンツE320 CDI アバンギャルド」の受注台数が、2007年4月までに1000台を超えたと発表した。

E320 CDI アバンギャルドは、Eクラスの改良とともに追加導入されたディーゼルエンジン搭載モデル。最新のディーゼル乗用車を日本に導入することで注目された。

3リッターで55.1kgmという大トルク、2リッターガソリンユニット並みの燃費やローエミッションなどを武器とする。
同車には、800万円台という高めのプライスが付けられるが、早くも1000台を突破した。この数字は、Eクラス全体の約15%に達するという。

(webCG ワタナベ)


「Eクラス」ディーゼル、1000台受注突破!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(後編) 2016.11.10 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、今回も引き続き新型「メルセデス・ベンツEクラス」に試乗。自動運転を見据えた新機軸が数多く搭載される新型は、どんなドライバーにお似合いか。谷口が指南する!
ホームへ戻る