【スペック】全長×全幅×全高=4790×1895×1330mm/ホイールベース=2750mm/車重=1780kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー・インタークーラー付き(426ps/6250rpm、57.1kgm/4000rpm)/価格=1430万円(テスト車=1511万9000円)

ジャガーXKRコンバーチブル(FR/6AT)【ブリーフテスト】

ジャガーXKRコンバーチブル(FR/6AT) 2007.04.25 試乗記 ……1511万9000円
総合評価……★★★

「クーペ」と共に日本に上陸した「ジャガーXKRコンバーチブル」に試乗した。長く熟成された先代モデルからの進化は……。

ジャガーらしい創りが欲しい

はっきり言ってしまうと、優等生的レベルでクルマ自体はよくできているが、"ジャガー"というブランドに期待する個性はあまり感じられない。外観デザインをはじめとしてフォード製品の延長上にありアッサリし過ぎている。

たとえばジャガーエンブレムを外してしまえば、フォーカスやモンデオの顔にも似ているし、ジャガーらしい彫りの深さが足りない。サイドのフェンダー・ウェーブも、ジャガーイメージの特徴はうまく捉えているものの、コンピューターデザイン処理的で無難に流しただけに過ぎない。

ジャガーデザインに期待するのは、もっと抑揚があって躍動的なフォルムであり、手描き的な末端処理など手の込んだ造り込みの密度が高いもの。つまり量産型の造りやすい単純面の構成ではないもの。多少クラシックな雰囲気を醸すなど、効率追求型とは違う造形がぜひとも必要なのだと思う。

 
ジャガーXKRコンバーチブル(FR/6AT)【ブリーフテスト】
 
ジャガーXKRコンバーチブル(FR/6AT)【ブリーフテスト】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XKコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • ポルシェ911 RSR 2016.11.17 画像・写真 ポルシェはLAオートショー2016でミドシップのレーシングカー「911 RSR」を発表した。同車は米IMSAウェザーテック選手権や、ルマン24時間を含めたFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦する。2017年1月のデイトナ24時間でデビューの予定。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る