ハヤちゃんのMSどす 第2回:ルイス・ハミルトンについて

2007.04.24 エッセイ

ハヤちゃんのMSどす第2回:ルイス・ハミルトンについて

F1世界選手権第3戦バーレーンGPでは、デビューから3戦連続表彰台という記録を達成したルイス・ハミルトン。
ハヤちゃんのMSどす 第2回:ルイス・ハミルトンについて

とんでもない“新人”

“皇帝”ミハエル・シューマッハーの引退を受け、大いなる喪失感に包まれるはずだった2007年のF1グランプリ。ところが、いざフタを開けてみれば、とんでもない“新人”の登場で俄然ヒートアップしています。青年の名はルイス・ハミルトン。英国出身の22歳。

F1デビュー戦となるオーストラリアGPを3位表彰台で飾るや、第2戦マレーシアで2位、続くバーレーンでもやはり2位と、3戦連続で表彰台フィニッシュ。無論、こんな離れ業は前例はなく、F1でも新記録の由。

「父がラジコン好きでね。物心ついた頃には、僕もプロポを手にしていた。6歳の頃にはオトナ相手でも絶対に負けなかったよ」

いまから3年前、私が欧州のF3レースを取材した際、ハミルトン選手は自らのキャリアについてそう語ってくれました。
「それが高じて、7歳のクリスマス・プレゼントが入門用カートだった。中古だけどね。で、年が明けて1月7日、8歳の誕生日を待ってライセンスを取って、レースデビューしたんだ」

彼は、いきなり炸裂します。なんとデビュー戦から都合6連勝を飾り、参戦からわずか2年目でカデット・クラスのタイトルを史上最年少で獲得。1996年には12〜16歳対象の“ジュニア・ヤマハ”シリーズにステップアップし、初年度にあっさりチャンピオンに輝きました。


ハヤちゃんのMSどす 第2回:ルイス・ハミルトンについて

今年こそF1を観よう!

「で、97年の11月かな、ウチの2階で宿題をしていたら、ロンから電話がかかってきた。そりゃビックリしたよ」

驚くのもムリはありません。電話の主はマクラーレン・グループの総帥、ロン・デニスだったのですから。ハミルトンはこの日を境に、デニスの全面的なサポートを受けて、キャリアを積み重ねていきました。F1チーム子飼いの、世界でただひとりのカーターは、いつも注目の的。しかし彼は立ち止まることを知りません。
「2002年には、もてぎで“セナ・メモリアル”ってレースに勝ったよ。その時のチームメイトがニコ・ロズベルグさ。東京にも3時間だけ滞在できたしね(笑)」

その後、英国フォーミュラ・ルノー、ユーロF3、GP2と経て、2007年にマクラーレンからF1フル参戦を果たした次第。いずれのカテゴリーでも圧倒的な強さを示し、キチンとタイトルを獲得してステップアップを果たしているのは、なによりデニス好みかもしれません。

最近、チームメイトのフェルナンド・アロンソの存在が霞んで仕方がないのは、私だけではないハズ。
「彼はスーパーマンのようだね。F1はミハエル・シューマッハーという偉大なドライバーを失ったが、すぐにハミルトンという“新星”を得たんだ」

ハミルトンがどれほど特別な存在か、フランク・ウィリアムズのそんな言葉が裏打ちしてくれます。「F1の放送って夜遅いからな〜」と、ここしばらく“F1観戦”から遠ざかっていたアナタ。ハミルトンが登場した今年こそ、F1ウォッチャーに復帰して、歴史誕生の生き証人になりませんか?

(NAVI 早田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

『NAVI』編集部

『NAVI』編集部

毎月26日発売のカーライフマガジン『NAVI』。日夜取材に追われる編集部員は、加藤編集長はじめツワモノぞろい。どこがツワモノかって?……このコーナーを読めばわかります。