「光岡オロチ」納車式、コラボ企画が進行中

2007.04.24 自動車ニュース

すでに4台納車の光岡オロチ、コラボ企画も進行中

光岡自動車は2007年4月23日、オロチの生産状況を発表。同日に販売済みの車両のオーナーを集め、納車式を行った。
さらに、現在進行中の「オロチプロジェクト」として、アパレルブランド「義志(よしゆき)」とのコラボレーション企画も公にされた。

■オーダーの4分の1は30歳代

2006年10月に発表した、光岡自動車の“ファッションスーパーカー”「オロチ」。すでに4台を出荷し、2007年4月時点でおよそ50台の受注を集めているという。
1050万円という高価格ながら、オーダーの4分の1は30歳代。下は21歳から上は67歳までと、幅広い層に支持されているようだ。

納車式当日は、遠方に住むオーナーの1台を除く3台のオロチが持ち主とともに集合し、社長自らがキーを渡すセレモニーが開かれた。オーダーメイドに近い形での受注となる車両は、3台ともにまったく違う仕様となり、オーナーの個性を出していた。

■アパレルに乗り出したオロチプロジェクト

同日、オロチプロジェクトの一環としてアパレルブランド「義志(よしゆき)」とのコラボレーション企画も明らかにされた。

「義志」は2000年に発足した、日本的デザインを追求するブランド。デザイナーの緒方義志氏は、2001年の東京モーターショーで出展されたオロチに注目。新聞記者の紹介を経て光岡自動車にアプローチしたところ、我流のデザインを共通項とする両者は意気投合し、ついにコラボレーション企画が実現した。

「義志 大蛇仕様」として発売される商品は、2007年5月18日に第一弾が発売され、その後も毎月1〜2アイテムが追加される予定。具体的な商品は決まっていないが、「オロチを買えない人もオロチを味わえる」服づくりをしていくという。
なお、販売は義志東京本店とオロチウェブサイトで行われる。

さらにこのコラボレーションを機に、さまざまなクリエイターとの交流を深めていくという。2007年10月の東京モーターショーでは、オロチプロジェクトの新しい企画が報告されるはずだ。

(webCG 本諏訪)


「光岡オロチ」納車式、コラボ企画が進行中の画像
第一号車のオーナー(左)に感謝の気持ちをこめ深々と礼をする光岡社長。
第一号車のオーナー(左)に感謝の気持ちをこめ深々と礼をする光岡社長。
「オロチとは感性的に共鳴する部分が多い」と語る、義志のデザイナー緒方義志氏。

「オロチとは感性的に共鳴する部分が多い」と語る、義志のデザイナー緒方義志氏。
発表されたコラボレーション商品の一部。
発表されたコラボレーション商品の一部。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オロチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・オロチ・カブト(MR/5AT)【試乗記】 2008.12.5 試乗記 ミツオカ・オロチ・カブト(MR/5AT)
    ……1380.0万円

    「オロチ」にウェットカーボン製のエアロパーツなどを追加したスペシャルバージョン「カブト」。その見た目と価格に驚かされるが、乗ってみると意外に……。
  • ミツオカ・オロチ・ゼロ 2008.2.8 画像・写真 “ファッションスーパーカー”オロチの装備を簡素化した廉価モデル、「オロチ・ゼロ」のディテールを写真で紹介。
  • ミツオカ・オロチ(MR/5AT)【試乗記】 2007.8.31 試乗記 ミツオカ・オロチ(MR/5AT)
    ……1100.0万円

    “免許取り立ての人でもすぐに乗れるスーパーカー”がコンセプトの「ミツオカ・オロチ」。その真意を探る。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る