【スペック】LT 2WD:全長×全幅×全高=3625×1610×1605mm/ホイールベース=2360mm/車重=940kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=165.3万円(テスト車=同じ)

シボレー・クルーズX(4WD/4AT)& LT(FF/4AT)【試乗記】

『力強い援軍』 2001.11.07 試乗記 シボレー・クルーズX(4WD/4AT)& LT(FF/4AT)……149.8/165.3万円第35回東京モーターショーで、お披露目されたGMとスズキの共同開発モデル、シボレー・クルーズ。1.5リッターモデルは「GMオートワールド」ネットワークで、1.3リッター車はスズキ「アリーナ」店にて、いずれも“シボレー”ブランドで販売される。山梨県は河口湖で開催されたプレス向け試乗会に、webCG記者が赴いた。

■GMの伝統を活かしたニューモデル

2001年10月24日、第35回東京モーターショープレスデイの記者会見で、GMアジアパシフィックジャパンの佐藤満会長は、シボレーの大阪でのノックダウン生産が1927年に始まったことにふれ、日本とシボレーの関係が長いことに言及した。GMとスズキによって初めて本格的に共同開発された「シボレー・クルーズ」は、可能な限り“フォード流”を守るブルーオーバルと比して、できるだけ現地の風習、好みに合わせようというゼネラルモーターズの伝統を活かしたクルマといえる。

英語の「cruise」から名を取ったクルーズ(cruze)は、1999年、世の中が自動車メーカーの合従連衡に沸くなか、GMとスズキ初の共同開発開発車としてブチ上げられたプロジェクト名「YGM-1」の具現化モデルだ。ベースとなったのは、スズキの1.5リッターモデル「スイフト」。プラットフォームとドライブトレインはスズキ、デザインと足まわりのセッティングはGMが担当した。ボディパネルで共通なのは、ドアとルーフ、フロントガラスだという。一方、意匠が変わったヘッドライトと、ボウタイマーク輝く“シェビー”流の太いクロスバーが横切るグリルで「シボレー」をアピール。サイドはドアのキャラクターラインを前後で上手に処理、ふくらんだフェンダーでタフさを演出した。仕上げは、リアの丸ランプ。もちろん、コーベットからの引用である。

■1.3と1.5リッターの印象

まず乗ったのは、スズキで売られる1.3リッター“シボレー”クルーズ「X」(4WD)。CHEVROLETのロゴとボウタイマークが入ったバックレストをもつ「大型専用フロントシート」が立派だ。視点が高い。やはり蝶ネクタイをかたどったマークの入ったステアリングホイールを握って走りはじめると、あらま、ハンドルの軽いこと。クルーズの電動パワステは、「最大アシスト量は同じながら、アシストが出る方向にセッティングし直しました」とは、試乗後にお話をうかがったスズキのエンジニア氏。なるほど。
せっかちな記者に応えようと、VVT(可変バルブタイミング)付き1.3リッター“オールアルミ”ユニット(88ps、12.0kgm)はビーンと元気よく回る。けなげな加速。「スズキ色が強い」というのが第一印象だ。

続いてドライブした1.5リッターモデル「LT」(FF)はだいぶ印象が違った。ホイールを15インチにアップ。フロントのサスペンションアームを変えてトレッドを拡大、スプリングにオフセットコイルを採用してフリクションを低減し、かつアンチロールバーを強化した。リアにおいてはアクスル(車軸)を延長してやはりトレッドを拡げた……といったリファインが説得力をもつ乗り心地のよさがある。1.3リッターモデルと車重は変わらないし(駆動方式が同じ場合)、足まわりのセッティングも違いはないというから、VVT付き1.5リッター(110ps、14.6kgm)搭載モデルの方がバランスがいい、というよりは、初期ロット特有の個体差ではないかと思う。いずれ良好な方向に収束するだろう。

■GMグループの一員

「足まわりの見直しは、具体的にどのように進めたのですか?」とスズキのエンジニアの方にうかがうと、スイフトをオーストラリアに持ち込んで、現地のGM系メーカー「ホールデン」の技術者が開発したという。もちろん、ホールデン側技術陣が来日して、わが国の交通状況下での確認も行った。

スズキ・スイフトとの棲み分けを広報担当の人にうかがうと、「スイフトはどちらかというと女性のお客様に、クルーズは男性の方にオススメしたい」とのこと。
「アリーナ店の人は、いきなりシボレーを販売するように言われて、とまどいはないのでしょうか?」との質問には、「いや、ウチの販売店さんは、古くからおつきあいいただいているところが多いですから、意外に“シボレー”に馴染みがある。『オッ、スズキのクルマがシボレーになったのか!』と喜ばれる方もいらっしゃいます」とのこと。ホントは違うんですけどね、と広報担当者の微苦笑が続いた。

ちなみに、アリーナ店用1.3リッターモデルにのみ、リアに四角い、青地に白の「GM」プレートが付く。「GMグループの一員であることをもっと強調したい」という鈴木修社長の意向が反映されたものだという。クルーズは、スイフトと同じ浜松は湖西工場で生産される。販売伸び悩む姉妹モデルの、力強い援軍にもなろう。販売台数は、「GM」「スズキ」両チャンネルあわせて2万台が予定される。

(文=webCGアオキ/写真=郡大二郎/2001年11月)





黄色のボディペイントはGMオートワールド、つまり1.5リッター専用だ。価格は、149.8から180.3万円。


【スペック】
X 4WD:全長×全幅×全高=3625×1610×1610mm/ホイールベース=2360mm/車重=990kg/駆動方式=4WD/1.3リッター直4DOHC16バルブ(88ps/6000rpm、12.0kgm/3400rpm)/車両本体価格=149.8万円(テスト車=同じ)




1.3リッター車は、124.8から149.8万円。

1.3リッターと1.5リッターモデルの差異は、前者のリアにGMマークがつくことくらい。1.3、1.5ともに、コンパクトな電制多板クラッチ「EMCD」をセンターに配した4WDモデルが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • シボレーMW 1.3S FF(4AT)【試乗記】 2002.12.6 試乗記 シボレーMW 1.3S FF(4AT)
    ……148.7万円

    GMグループ内の同朋、「シボレー」と「スズキ」が手を組んで送り出したコンパクトワゴン「シボレーMW」。ブラックアウトされた大きなグリルにボウタイマーク輝く「1.3S」はどんなクルマか? その魅力を探った。


  • 「ダイハツ・トール/トールカスタム」&「トヨタ・タンク/ルーミー」発表会の会場から 2016.11.10 画像・写真 2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ダイハツ・トール/トールカスタム」と、「トヨタ・タンク/ルーミー」が発売された。この姉妹車は、ダイハツが軽自動車の開発で培った技術をもって開発・製造し、トヨタはOEM供給を受けて販売する。トヨタとダイハツが共同で開催した新車発表会の様子を、写真でリポートする。CMタレントも登場!
  • 第475回:宣伝効果バツグン!?
    「フィアット124スパイダー」の教習車が登場!
    2016.11.11 エッセイ イタリアで相変わらず人気の「フィアット124スパイダー」と「アバルト124スパイダー」。あまりにも注目されるがゆえに、意外な場所で使われているというのだが……? 現地在住のコラムニスト・大矢アキオのリポート。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る