【スペック】全長×全幅×全高=5030×1875×1480mm/ホイールベース=2970mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)+交流同期電動機(224ps、30.6kgm)(欧州仕様)(T)

レクサスLS600h(4WD/CVT)【海外試乗記(後編)】

こたえられないLS(後編) 2007.04.24 試乗記 レクサスLS600h(4WD/CVT)

最新鋭のハイブリッドシステムを搭載する「レクサスLS600h」。高級車としての狙いはどこにあるのだろうか? ドイツはフランクフルトから小沢コージがリポートする。

より地に足が着いたエアサス

アクセルをベタ踏みする必要が出てくるのは、実際は200km/h(!)以上の速度域を求める時ぐらいだ。オーバー200km/hの世界でようやくエンジン+モーターの力を両方使い切るという、そのスケール感は凄い。
その凄さを普段感じさせないところが、なんともレクサスっぽいといえるのではないか。「奥ゆかしいけど、凄い!」という点に関しては、間違いなくメルセデス、BMW以上と感じた。

モニターによる燃費計算では平均約6km/リッター。しかしこれはアウトバーンで時おり200km/h以上で走行てのこと。相当、燃費はいいだろう。日本でゆっくり乗ったら10km近くになりそうだ。

一方、足まわりも研ぎ澄まされた。基本はLS460と同じエアサスだが、特有の浮遊感はかなり減り、より地に足が着いた走りになっている。聞けばフロントサスに多少の設計変更があり、LSでは初のアクティブスタビライザーを装着したことで、より自然な味わいになっているという。

ブレーキのフィーリングに関しても、かなり好感触。これが本当にハイブリッド車用の回生ブレーキかと思うほどで、コントロール性がよく、なおかつハイスピード領域でも安心して踏める。これは今までの国産車ではあり得なかったぐらいの攻撃性の高いブレーキパッドを使ってことによるそうで、ヨーロッパ車に近い設定がされているのだ。

(O)
(O)
フロントサスペンションのカットモデル。手前に見えるパイプ状のものがアクティブスタビライザーだ。(T)
フロントサスペンションのカットモデル。手前に見えるパイプ状のものがアクティブスタビライザーだ。(T)
(O)
(O)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
ホームへ戻る