ソニー「NAV-U」総括【PNDテスト】

2007.04.23 自動車ニュース

【PNDテスト】ソニー「NAV-U」を総括する

コンパクトで安い「簡易型カーナビ」としていま話題沸騰の「PND」(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)だが、気になるのは実用に使えるのか?ということ。
「カーナビの達人」による徹底比較テスト。ソニー「NAV-U」を総括すると……。

5:総括

▼ソニー「NAV-U」NV-U1
オープン価格(実勢価格は6万円前後の見込み)

都市部での実用に耐えるポータブルナビ

nav-uをPNDとして捉えると、物足りなさはある。というのも、他のPNDが音楽再生や画像の閲覧に対応していたり、ワンセグチューナーを内蔵していたり、計算機能があるなど、ナビ以外の機能を有しているのに対して、nav-uはナビに専念しているから。そういう意味ではポータブルナビの性格が強い。

その視点で見ると、nav-uは俄然輝きを増す。クルマへの装着はわずか5分の手軽さだし、装着後の姿もスタイリッシュ。
車速信号やジャイロセンサーの情報を取り込んだ本格ナビの正確無比さにはかなわないものの、GPSに加速度センサー&気圧センサーを加えたハイブリッド測位で、並みのPNDに比べ大幅に測位性能を高めているあたりも、ロケーション能力を重視する日本のナビユーザーには向いている。

加えてオプションでビーコンVICSを用意しているのもPNDでは突出した機能。FM多重VICSを採用したポータブルナビはいくつかあるが、ビーコンのほうが走行中のエリアの細かい情報が得られるし、情報取得から発信までのタイムラグも少ない。

またビーコンが発信する渋滞情報は所用時間を含んでいるから、渋滞を迂回するルート探索も提示できる。

今の日本、特に都市部ではカーナビに渋滞情報は必要不可欠。そんな意味では、メモリータイプのポータブルナビとして唯一、都市部での実用に耐えるポータブルナビといってもいいだろう。

4つの魅力

検索データだが、電話番号検索のヒット率ははっきりいって低い。CG編集部を電話番号検索できなかったのは、テスト機中nav-uだけだった。

しかし、データ入れ替え、または追加で日本全国の住所ピンポイント検索に対応するので今後に期待。電話番号やジャンルなど、それ以外の手段で検索できなかったとき、最終的に頼りになるのは住所なわけで、限られたメモリー容量の中で電話番号より住所検索を重視したのは正解だと思う。

ポータブルナビとしては完成度が高いnav-uの価格は、ビーコンを含めて8万円前後と予想される。
しかしこのプライスだと、画面がより大きくTVやDVDも見られる、DVDタイプのポータブルナビも視野に入る。

それらがライバルになるわけだが、コンパクト&スタイリッシュボディ、取り付けの手軽さ、ビーコンVICS、測位精度の4点で、それにもすぐる魅力があると思う。

(文と写真=石田 功)


ソニー「NAV-U」総括【PNDテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。