クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=5030×1875×1480mm/ホイールベース=2970mm/車重=2270kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)+交流同期電動機(224ps、30.6kgm)(欧州仕様)(T)

レクサスLS600h(4WD/CVT)【海外試乗記(前編)】

こたえられないLS(前編) 2007.04.23 試乗記 レクサスLS600h(4WD/CVT)

トップ・オブ・レクサスである「LS」の目玉、世界が注目するハイブリッドカー「LS600h」。国内発表に先駆け、ドイツはフランクフルトでのプレス試乗会に小沢コージが参加した。

夢の合法ドラッグか?

クオリティは文句なしだが、スタイリング的に若干「トヨタ・セルシオ」のイメージが強すぎて新鮮みに欠けた「LS」に、ハイブリッドエンジン搭載モデルが加わった。発表当初からハイブリッドの搭載をリリースしていただけに、この本命モデルを待ち望んでいた声は多い。

期待されたのは最上級モデルとして搭載するハイブリッドシステム。はたしてそれは“味は濃いけど太らない”的な、夢の合法ドラッグ的加速をもつのか? はたまた、メルセデス、BMWを凌駕する新たなる快楽を提供してくれるのか?
株式時価総額30兆円のトヨタが、プライドをかけて世に送り出した、逆襲のハイブリッド高級車の魅力を探ってみたい。

注目のパワーユニットは、2006年末にリリースされたLS460用の新型直噴4.6リッターV8のストロークを伸ばし、5リッターにまで拡大された。それだけでも394psを発生する上に、最大224psを生み出す電気モーターまでをも与えられた。現時点では文句なしに世界最強のハイブリッド車である。
システム全体では445psの出力を発生。これは6リッターV12に匹敵するパフォーマンスだという。それでいて燃費は4.6リッターより3割はよく、CO2排出量が1kmの走行でわずか219gと環境にも優しい。

(O)
(O) 拡大
(O)
(O) 拡大
(T)
(T) 拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

シームレスなエンジン始動

実際に乗ってみると、加速はホントにとんでもない。“味があるうえ、疲れず太らない”的な新世代のフィーリングだった。
発進時はモーターを使い、異様に滑らかかつ静かに発進するが、いつの間にやら軽快かつおごそかに回るV8が加わって、ターボともスーパーチャージャーともつかない爆発的加速をみせる。
その味わいはV8ともV10ともV12とも違う。エンジン振動のテイストはV8だが、回転の軽さはV6みたいというように、なんとも不思議な印象。

“いつの間にやら”と書いたように、気がついたらモーターに加えてエンジンが始動してるというところがポイント。そのナチュラルぶりがたまらない。しかも普通にゆっくり走ってる限りは、なかなかエンジンが始動せず、電気自動車ぶりは過去のどのハイブリッド車をも上まわる。初代、2代目のプリウス&エスティマ・ハイブリッド、ハリアー・ハイブリッド、レクサスGSハイブリッドときて、システムが確実に進化していることが感じられる。

(O)
(O) 拡大
(O)
(O) 拡大

気がついたら

意外なのは発進時にモーターのトルク感が前面に出てないこと。以前に「GS450h」に乗った時は、その大出力モーター+2段変速リダクションギアによる首にガツンとくる加速にびっくりした記憶がある。それがさらに研ぎ澄まされていると考えていたが、実際はそうではない。単純にトルクが分散されるフルタイム4WD車、さらにどデカいエンジン出力と比べるとモーター出力が相対的に低くなることもあり、まさに最初の一歩でグンと行くGSハイブリッドのストライド走法的加速感はない。

しかし“気がついたら速かった”感はより増している。普通にアクセルを踏み、気がついたら100km/hということはざら。それもやけに静かに。そのうえ、その感覚は200km/hぐらいまで続く。つまり気づいたら「あっ、200km/hだ!」ということもありえる話なのだ。
(後編へつづく)

(文=小沢コージ/写真=小沢コージ(O)、トヨタ自動車(T)/2007年4月)

(O)
(O) 拡大
(T)
(T) 拡大

関連キーワード:
LSレクサス試乗記

あなたにおすすめの記事