【スペック】全長×全幅×全高=4415×1800×1535mm/ホイールベース=2635mm/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(156ps/6300rpm、19.4kgm/5100rpm)(欧州仕様)

ダッジ・キャリバー(FF/CVT)【海外試乗記】

アメリカの味 2007.04.21 試乗記 ダッジ・キャリバー(FF/CVT)

クライスラー「ジープ」に続いて、第3ブランドとして日本市場に参入する「ダッジ」。2007年6月の導入を前に、スペインで5ドアハッチの「キャリバー」に試乗した。

普通のCセグメントとは違う

昨今なにかとネガな話題が多いクライスラーだが、彼らはそんな不安を自ら打ち消すように、ポジティブな歩みを進めている。これまで北米内だけで展開していた「ダッジ」ブランドを、「クライスラー」「ジープ」に続いてインターナショナルブランドに仕立てようというのだ。

そのために投入した第一弾が「ダッジ・キャリバー」。日本では今年2007年から輸入されるが、ヨーロッパではひと足先に2006年から売っている。この尖兵に、スペインで試乗する機会に恵まれた。

キャリバーは、ヨーロッパではCセグメントに属するモデルで、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」「プジョー307」などをライバルと考えているという。
でもデザインはまるで違う。ダッジ伝統のクロスヘアー(レンズなどに描かれる十字線のこと)グリルを掲げた2ボックス5ドアは、最近はやりのクロスオーバースタイルなのだ。しかも骨太で力強いラインは、日本やヨーロッパの自動車にはゼッタイ出せない味といえる。

それでいて緻密な造形も見られる。たとえばルーフサイドの黒いモール。居住性重視でまっすぐリアまで伸びるルーフと、クーペのようなサイドウィンドウグラフィックを両立している。おかげで室内空間の広さはヨーロッパのライバルと同等以上という印象だった。
仕上げは安っぽいけれど、ボディカラーに合わせてレッドやオレンジやブルーにペイントされた陽気なセンターパネルが、「そんな細かいこと気にすんなよ」と語りかけてくる。

さらにアメリカ車らしいのは装備。500ccペットボトル4本が入るクーラー/ヒーターボックス、アウトドアでも活躍しそうなリアゲート裏のポップアップ式スピーカー、取り外して懐中電灯としても使える室内灯など、タイヤのついた部屋という感じの、実用本位のアイディアがあふれている。

関連記事
  • ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2007.11.28 試乗記 ……361万2000円
    総合評価……★★★★

    アメ車らしいゴツいエクステリアが特徴の「ダッジ・ナイトロ」。プレミアムやスポーティなSUVがひしめく中、このクルマの輝きはどこにあるのか?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)【試乗記】 2007.8.6 試乗記 ダッジ・ナイトロSXT(4WD/4AT)
    ……361万2000円

    ゴツいボディと、大きな十字を付けたグリルが印象的な「ダッジ・ナイトロ」。日本(再)上陸を果たしたアメリカンブランドの注目モデルである。3.7リッターV6+4ATのミドルSUVはどうなのか?
  • ダッジJC SXT(FF/6AT)【試乗速報】 2009.2.6 試乗記 ダッジJC SXT(FF/6AT)
    ……362万2500円

    ダッジブランドの、新しい7人乗り3列シート車「ダッジJC」が日本に上陸。SUV×ミニバン×セダンのクロスオーバーモデルに試乗した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • 「キャデラックCTS」が一部改良、シルバーの限定モデルも 2017.5.18 自動車ニュース GMジャパンが、一部改良を受けた「キャデラックCTS」を5月20日に発売。新しい意匠のグリルと新装備のリアカメラミラーが特徴で、価格は745万円となっている。シルバーの外装色が特徴の限定車「シルバームーンライトエディション」も同時に発売される。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
ホームへ戻る