ソニー「NAV-U」測位性能【PNDテスト】

2007.04.21 自動車ニュース

【PNDテスト】ソニー「NAV-U」測位性能を試す

コンパクトで安い「簡易型カーナビ」としていま話題沸騰の「PND」(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)だが、気になるのは実用に使えるのか?ということ。
「カーナビの達人」による徹底比較テスト。ソニー「NAV-U」の測位性能を試した結果は……。

4:測位性能

▼ソニー「NAV-U」NV-U1
オープン価格(実勢価格は6万円前後の見込み)

唯一のハイブリッド測位、違いは歴然

現時点で唯一、ハイブリッド測位を行なうPNDがnav-u。その違いは歴然としていて、トンネル内の走行や高架下の道など、GPSの電波を捉えにくい場所で力を見せつける。

しかも本体内蔵の加速度センサーと気圧センサーによるハイブリッド測位だから、車速信号を取り出すような煩わしい配線をしなくていいのがうれしい。

例えば新宿西口の地下ローターリー。ここはトンネルを500mほど直進した後、わずかに空が開けたロータリーを一周し、再びトンネルに突入する場所で、トンネル内で見失ったGPSの電波をロータリーに出た時点で素早く捉えられなければ、トンネル再突入時に正確な自車位置を示すことができない。

ところがnav-uは、トンネルに入っても車速信号をとったハイブリッド測位ナビのように、何事もなく自車マークがスムーズに動く。

さすがに、トンネル内で一旦停止し、再びゆっくりと動き出した時は自車マークが止まったままだったが、ロータリーに出てほどなく正確な自車位置を示し、トンネル再突入時の位置、方向を間違えることはなかった。

首都高速4号線が高架で並行する国道20号を走行しても、首都高速上にミスマッチングすることはない。

GPSの電波が捉えられない時間が長く続くと、信号でストップ&ゴーを繰り返すうちに自車マークが止まったままになることもあった。

そんな過程に右左折するようなルートだったりすると、曲がる場所を見逃すケースもあるだろう。が、これは稀なケースだと思われるので、そんな場合はあきらめてリルートした道を辿ればいい。リルートは、比較的素早く反応してくれる。

(文と写真=石田 功)


ソニー「NAV-U」測位性能【PNDテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。