【スペック】全長×全幅×全高=4625×1765×1730mm/ホイールベース=2720mm/車重=1890kg/駆動方式=4WD/4.3リッターV6OHV12バルブ(193ps/4400rpm、34.6kgm/2800rpm)/車両本体価格=298.0万円(テスト車=同じ)

シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】

気は優しくて力もち 2001.09.08 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)……298.0万円1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。

基本構成は変わらない

シボレー・ブレーザーは、「SUV」(Sports Utility Vehicle)という言葉が流行る前から、フォード・エクスプローラー、クライスラー・チェロキーなどと共に、使用される場所や季節を問わないオールラウンドな実用車として、生活に密着した便利な存在でありつづけている。2000年から01年モデルに切り替わったときの変更はごくわずか。6連奏CDが全車に標準装備されることになったくらいだ。

1983年に原型が登場して以来、基本的な構成は変わっていないが、外観がリファインされ、ガラスハッチ付きのゲートになるなど、現在の姿に近くなったのは97年からだ。2.8リッターV6でスタートしたエンジンも、現在では4.3リッターV6を193ps/4400rpmと34.6kgm/2800rpmにチューンして、1890kg(LTは1910kg)のボディを運ぶ。
日本仕様は右ハンドルで、ウィンカーレバーもちゃんと右に移されており、標準車の「LS」と上級版「LT」の2つの仕様に加え、キャンピング車両の構造用件を満たした8ナンバー取得となる「フォレシェスタ」仕様も用意される。なおLSとLTではバンパー形状の差でLTの方が20mmほど長いが、ホイールベースは同じである。見分け方は、バンパー上部にメッキのお化粧が施される方がLT。実質的な差は、電動スライディングルーフと本革シートだ。

ノーズに縦方向に収まったV6エンジンによる「後輪駆動主体の4WD」というドライブトレインは、この手の四駆実用車の典型だ。4LOW/4HIGHのほかに「オートトラック」と呼ばれるオート4WDが選べる。これは、後輪が空転した時にトルクを前輪に伝達する、いわゆるスタンバイ4WDの常用モードである。センターデフを持たないから、当然タイヤサイズも4輪同じ「235/70R15」。LS、LTともタイヤの大きさは変わらないが、アルミホイールのデザインは異なる。

荒くれ男にふさわしい

ブレーザーはアメリカンらしいおおらかさが魅力だ。何の予備知識なしに乗り込んでも、コントロール、スイッチ類は常識的な位置にあるし、誤作動させにくいように、形状や位置などもよく考えられている。この辺が同じコンセプトで長く造り続けられているゆえの利点で、年を追って玉成が進められている。
たっぷりしたサイズのシートは、ルーズに座っても問題ない。リアシートはワンタッチで分割して畳め、しかもバックレストを倒すのに従いヘッドレストも自動的に折れるので、いちいち取り外す必要がない。

パワーステアリングはロック・トゥ・ロックが3回転と4分の1。グルグル回すタイプだが、昔のアメリカ車のように無闇に軽すぎない。縦置きエンジンの恩恵でハンドルはよく切れる。回転半径は5.9mと、ホイールベースが2720mmもある4WDとしてはまずまずだろう。V6「ボルテック」ユニットのたっぷりと豊かなトルクは、発進も急登坂も安楽にこなし、高速道路では低いエンジン回転で、静かで経済的に巡航する。

最新のフルタイム4WDの、より乗用車的なものに比べると、設計年代の古さを感じるところもあるが、ブレーザーの底力は、その骨太な骨格やシャシー剛性による本格的なクロカン4WDにも負けないタフさだ。たとえばトヨタ・ハリアーなどのサスペンションと見比べただけでも、つくりに“華奢さ”は微塵も感じられない。気は優しくて力持ち。まさに西部開拓史にでてくる荒くれ男のアシにふさわしい乗り物だ。

(文=笹目二朗/写真=高橋信宏/2001年7月)



シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。


シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】の画像


シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】の画像


シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 「シボレー・キャプティバ」に“オールブラック”な特別限定車 2016.6.28 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年6月28日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ Perfect Black(パーフェクトブラック)」を発表した。同年7月2日に15台限定で発売する。
  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


  • シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)【試乗記】 2001.9.11 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーLT(4AT)
    ……349.0万円

    北米はオハイオ州に新工場を建設して生産されるシボレーの新鋭SUV「トレイルブレイザー」。4.2リッターという大排気量ながらストレート6という特異なエンジンを積む意欲作である。山梨県は河口湖周辺で、『webCG』記者が乗った。


  • 「ルノー カングージャンボリー2017」の会場からNEW 2017.5.23 画像・写真 「カングー」のファンを中心としたルノー・ジャポン最大の公式イベント「ルノー カングージャンボリー」が、今年も山中湖で開催された。参加台数、参加人数ともに過去最高を記録したイベントの様子を、写真でリポートする。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?NEW
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
ホームへ戻る