「日産ティアナ」、インドにお目見え

2007.04.19 自動車ニュース

「日産ティアナ」、インドにお目見え

日産自動車は、4ドアセダン「ティアナ」を2007年4月19日にインドで発売した。

「ティアナ」は、インドで販売される日産ブランドのクルマとして2車種目となる。2004年からSUVの「エクストレイル」を発売し、すでに600台が販売された。

今回新たに「ティアナ」を導入することで、インド市場で拡大する高級セダンセグメントにおいて、販売台数の増加と日産ブランドの向上をめざす考えだ。

“モダンリビング”を謳うティアナのインド仕様車は、本革シートを採用するなど、現地の顧客ニーズを意識したもの。
九州工場から完成車として出荷され、インド国内の日産ディーラー網で販売される。

希望小売価格は、204万7000インドルピー(約581万3000円)で、初年度は350台の販売を予定しているという。

なお、ティアナは日本のほか、中国、台湾などの国で扱われ、いままでに26万6000台(2007年3月時点)が販売された。

(webCG 関)

「日産ティアナ」、インドにお目見えの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティアナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る