【スペック】全長×全幅×全高=4445×1765×1750mm/ホイールベース=2625mm/車重=1420kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/4000rpm)/価格=250万9500円(テスト車=285万2115円)

日産エクストレイル Xtt(4WD/4AT)【ブリーフテスト】

日産エクストレイル Xtt(4WD/4AT) 2007.04.19 試乗記 ……285万2115円
総合評価……★★★★


デビューから6年半が経ち、新型の発売を目前にひかえる「日産エクストレイル」。長く人気をえた、初代「若者向けSUV」の実力を再検証する。

日産エクストレイル(4WD/4AT)【ブリーフテスト】

色褪せない魅力

今となってはやや時代を感じさせる部分もあるが、正統派の奇を衒わないデザインは素直に受け入れることができる。
横置きエンジンFFベースの4WDは、この手のSUVのハシリともいえる。乗用車と貨商車の中間的な位置づけはユニークであったが、現代ではさらに乗用車寄りにシフトしており、そこだけを較べるとやや旧さも感じられる。
とはいえ、自動車の魅力という意味ではけして色褪せておらず、長期間乗って気に入ったクルマをもう一度新車で欲しい……というような情緒安定型のひとには向く。

希望する点や細かな不満はたくさんあるが、これはこれで開発当時に考えられた価格などの条件下でまとめられたものであり、納得ずくで乗ればよい。
たとえばセンターデフを追加してフルタイム4WDにすれば日常性は向上するが、デフロックを使って泥遊び程度(岩場は?だが)を楽しむならばこのまま十分いける。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル エコラン&オフロード試乗会【試乗記】 2015.9.9 試乗記 日産を代表するSUV「エクストレイル」に試乗。新たにラインナップされたハイブリッドモデルの燃費性能と、これまで以上に磨き上げたとされる3代目のオフロード走破性を確かめた。
  • 日産エクストレイル 2013.12.11 画像・写真 3代目となった新型「日産エクストレイル」の姿を、写真で紹介する。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
ホームへ戻る