簡易型カーナビ「PND」徹底比較テスト【カーナビ/オーディオ】

2007.04.19 自動車ニュース
写真では撮影のためフロントグラスに装着しているが、実走行時には非合法になるため注意されたし。
簡易型カーナビ「PND」徹底テスト

【カーナビ/オーディオ】簡易型カーナビ「PND」徹底比較テスト

コンパクトで安い「簡易型カーナビ」としていま話題沸騰の「PND」(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)だが、気になるのは実用に使えるのか?ということ。
『webCG』では「カーナビの達人」に比較テストを依頼、各地を走り回ってもらった。テストしたのはサンヨー、クラリオン、ソニー、ガーミン、JROADの5台。
その結末はいかに?リポート、ゾクゾクと追加更新中!

PND徹底比較テスト 目次

第1回:プロフィールおよびクルマへの取り付け性

→クラリオン「DrivTraxP5」DTR-P5 オープン価格(07.04.09)
→ソニー「NAV-U」NV-U1 オープン価格(07.04.09)
→サンヨー「miniGORILLA」 9万1350円(07.04.10)
→ガーミン「nuvi360」 オープン価格(07.04.10)
→JROAD「JRN410」 6万2790円(07.04.10)

第2回:案内性能を試す

→クラリオン「DrivTraxP5」
カーナビのノウハウ活用、あと一工夫を
(07.04.17)
→ソニー「NAV-U」
渋滞を表示できるという優位性
(07.04.17)
→サンヨー「miniGORILLA」
従来ナビに見慣れた人でも違和感なく使える
(07.04.17)
→ガーミン「nuvi360」
画面の小ささを苦にしない明快案内
(07.04.18)
→JROAD「JRN410」
ユニークなウィンカーで曲がる箇所をお知らせ
(07.04.18)

第3回:検索性能を試す

→クラリオン「DrivTraxP5」
カーナビ譲りのすぐれた周辺検索
(07.04.19)
→ソニー「NAV-U」
使い方に応じて検索データを変幻自在
(07.04.19)
→サンヨー「miniGORILLA」
レジャー施設の検索は秀逸
(07.04.19)
→ガーミン「nuvi360」
小型ボディに豊富な情報と快適な操作性
(07.04.20)
→JROAD「JRN410」
たいがいの場所は電話番号で検索できそう
(07.04.20)

第4回:測位性能を試す

→クラリオン「DrivTraxP5」
測位の復帰の速さは5台中4番目
(07.04.21)
→ソニー「NAV-U」
唯一のハイブリッド測位、違いは歴然
(07.04.21)
→サンヨー「miniGORILLA」
ハイブリッド測位ではないが、優れた測位性能
(07.04.21)
→ガーミン「nuvi360」
復帰は抜群に速い
(07.04.23)
→JROAD「JRN410」
マルチパスの影響で自車マークがあちこちに
(07.04.23)

第5回:総括

→クラリオン「DrivTraxP5」
正統派のPND、わずかな改良で大きく化けるか
(07.04.23)

→ソニー「NAV-U」
都市部での実用に耐えるポータブルナビ
(07.04.23)

→サンヨー「miniGORILLA」
PNDというよりも堅実なポータブルナビ
(07.04.23)

→ガーミン「nuvi360」
いま最も欲しいPND!
(07.04.25)

→JROAD「JRN410」
お楽しみ盛りだくさんでお安い“おもちゃ”
(07.04.25)


<前口上> PNDって、何だ?

AV機能一体型の高性能ナビが主流の日本と異なり、欧米ではPND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)がカーナビの主流。ヨーロッパでは07年に1000万台を超える市場に成長する見込みだという。

日本でもネット販売を中心に1〜2年前から市場に出回っていたが、06年末に登場したサンヨー・ミニゴリラのヒットをきっかけに、07年に入ってクラリオン、ソニーといった大手メーカーが相次いでPNDを国内で発表。市場を賑わせそうな気配である。

PNDとは、地図データやナビプログラムの記録にCD-ROMやDVD-ROM、HDDといったメディアを使わず、フラッシュメモリーやメモリーカードを使用する、ドライブメカを持たないポータブル・ナビゲーションのこと。
メカがないからコンパクト&軽量で携帯性に優れ、省電力だからバッテリー駆動でも使える。

ナビゲーション以外の機能(たとえばゲームや計算機、世界時計など)を持たせた機種も多く、クルマへの装着も簡単。しかも価格は3万円台から6万円台とリーズナブル。

となれば人気が出そうなものだが、カーナビ超先進国で高性能ナビに馴染んだ日本のユーザーに、果たして受け入れられるのかどうかは興味深いところだ。

(文と写真=石田 功)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。