サンヨー「miniGORILLA」検索性能 【PNDテスト】

2007.04.19 自動車ニュース
検索メニュー
サンヨー「miniGORILLA」検索性能 【PNDテスト】

【PNDテスト】サンヨー「miniGORILLA」検索性能を試す

コンパクトで安い「簡易型カーナビ」としていま話題沸騰の「PND」(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)だが、気になるのは実用に使えるのか?ということ。
「カーナビの達人」による徹底比較テスト。サンヨー「miniGORILLA」の検索性能を試した結果は……。


サンヨー「miniGORILLA」検索性能 【PNDテスト】

3:検索性能

▼サンヨー「miniGORILLA」NV-SD10DT
9万1350円(実勢価格は6万円前後)

周辺検索のジャンルが豊富

ミニゴリラのメニューボタンは画面内のタッチパネル。左端の方位や地図スケールを表示するアイコンの下にある。これにタッチすると画面はメインメニューに切り替わり、目的地検索ができる。

目的地検索の中身は1枚目が「地図から」「住所」「施設50音」「自宅」「電話番号」「周辺施設」の6項目。「次へ」へ進むとマップコード検索ができる。

検索データ量だが、電話番号検索がタウンページ全国約500業種の約180万件、住所地番検索が約180万件、50音施設名検索が約208万件、ジャンル別検索が621ジャンル約200万件、施設情報・サービス情報検索が約22万件という具合。
ひとつひとつのデータ量は多くはないが、まんべんなく網羅されているという印象だ。

ジャンル検索は、大分類から小分類へと絞り込んでいく方法。たとえば大分類の「食べる」を選ぶと「ファミリーレストラン」「ファーストフード」「ラーメン」「うどん・そば」といった小分類に分けられ、探したい施設をリストアップできる。

使いやすいのは、周辺検索のジャンルが豊富なこと。しかもデータは施設検索やジャンル検索と共通のようで、200万件と豊富だ。

リストアップされた施設は、自車位置からの距離と方角も表示される。ただし、この方角はあまり信用しないほうがいいかも。なぜならGPSだけで測位するナビは、停車中はクルマがどちら向きかを判断できないからだ。
テスト中も、矢印を信じて進行方向側の施設に行こうとしたところ、実はその施設はクルマの後方だったということがあった。


サンヨー「miniGORILLA」検索性能 【PNDテスト】

レジャー施設の検索は秀逸

ジャンル分けはわかりやすく整理されていて、画面左下に項目が何件あるのかを表示するあたりも、細かいことだが安心感が増すポイント。
タッチパネルは6行表示。このあたりのメニューのデザインは、7型や8型モニターを採用したHDDゴリラに準じているようで、4.3インチの画面では1行の幅がやや狭く感じる。
そのため、注意深くタッチする必要があるが、注意さえすれば頻繁に誤タッチするほどでもない。

この使いやすい周辺検索とジャンル検索に比べると、住所検索と電話番号検索はやや弱い。
住所検索は他のいくつかのPND同様、○丁目○番地までの検索で、○号までのピンポイント検索はできないのだが、同じ番地にいくつものビルが建ち並ぶような市街地では、近所まで行けたとしても、そこから目的の場所を見つけ出すのに苦労する。

そこで、会社なら電話番号検索できればいいのだが、約180万件のデータでは中小の会社までフォローするのは無理なわけで、けっきょく相手に電話して細かい場所を訊くことになる。

そういう意味では、miniGORILLAはビジネス向きではなく、あくまでもレジャー向き。ホテルなどの宿泊使節は電話番号でピンポイント検索できるし、ドライブの途中でどこかへ立ち寄りたくなったというときにも、周辺検索やジャンル検索で行きたい施設が簡単に見つかる。

施設情報やサービス情報も収録しているので、簡単なドライブガイドブックの替わりにもなる。用途を間違えなければ、とても頼りになるナビといえる。

(文と写真=石田 功)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。