クラリオン「DrivTraxP5」検索性能【PNDテスト】

2007.04.19 自動車ニュース
検索メニュー
クラリオン「DrivTraxP5」検索性能【PNDテスト】

【PNDテスト】クラリオン「DrivTraxP5」検索性能を試す

コンパクトで安い「簡易型カーナビ」としていま話題沸騰の「PND」(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)だが、気になるのは実用に使えるのか?ということ。「カーナビの達人」による徹底比較テスト。クラリオン「DrivTraxP5」の検索性能を試した結果は……。


クラリオン「DrivTraxP5」検索性能【PNDテスト】

3:検索性能

▼クラリオン「DrivTraxP5」DTR-P5
オープン価格(実勢価格は5万円前後の見込み)

カーナビ譲りのすぐれた周辺検索

目的地を設定するには、画面右下のメニューボタンにタッチ。すぐに検索メニューが現れるので、住所/電話番号/名称/周辺施設/ジャンル/登録地/検索履歴の中から好きな方法で目的地を検索できる。

データ量は住所が約1100万件、電話番号が約800万件。登録地検索には200件までメモリーでき、検索履歴は50件まで残る。

住所検索だが、絞り込めるのは○丁目○番地まで。○号までのピンポイント検索ができないのは、従来ナビのピンポイント検索に慣れている人には不満が残るところだ。

また、メニューのデザインだが、7型モニターに表示するのに適したサイズという印象で、指で操作するのがやや難しい。
たとえば、住所検索の県別リストなどは、最上段に「あかさたな」の絞り込みメニューがあり、その下に県名が6行でリストアップされるのだが、1行の幅は7〜8ミリといったところ。細心の注意を払ってタッチしないと、目的の操作ができない場合が多い。

そのために、PDAなどで使うスタイラスペンを用意しているのだが、車内で操作するたびにスタイラスペンをいちいち取り出しすのは面倒。
そういう意味では、クラリオンに限らずPNDを使う場合は、従来ナビのように「クルマに乗り込んでから目的地を設定して出発」から「クルマに乗り込む前に目的地を設定する」という具合に、使い方を変える必要がありそうだ。


クラリオン「DrivTraxP5」検索性能【PNDテスト】

ビジネスユースではない限り、楽しく使えそう

周辺検索は半径10キロ以内の施設を100件までリストアップできる。その中心は、現在地だけではなく、スクロールした地図であってもできる。
リストアップされた施設は、そこまでの直線距離も表示。ただし方角の表示はなし。GPSだけで測位するため、停車中はクルマがどちら向きかの概念がなくなるからだろう。

ジャンル検索は、まず「遊ぶ」「食べる」「買う」などの大分類のあとに「遊ぶ」なら「レジャー・遊ぶ」「スポーツ」「文化施設」といった中分類があり、その後で「映画館」「温泉」などの小分類に入っていく。
この中分類がくせ者で、項目によってはどこに探したい施設が含まれているのかが、イマイチわかりにくいこともある。
また施設項目を選んだあとに県を設定する必要があったりして、操作回数が多くなる。その煩雑さは改善の余地あり。

次に名称検索。画面にキーボード風のタッチキーが現れるのだが、英語版で使っていたキーボードのデザインを日本語に直したようなイメージ。無駄なキーも多いように感じてしまう。スムーズに使いこなすには慣れが必要な入力方法だ。

住所のピンポイント検索ができないという点がやや弱いものの、電話番号検索と検索履歴、それに登録地検索あたりは便利かつスムーズに使える。
レジャーユースであれば、このあたりのデータが充実していれば十分ともいえるわけで、ビジネスユースではない限り、楽しく使えそうだ。

(文と写真=石田 功)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。