ケータイで事故防止!? 日産、新たな技術開発へ

2007.04.18 自動車ニュース

ケータイで事故防止!? 日産、新たな技術開発へ

日産自動車は2007年4月17日、携帯電話通信を活用して歩行者を認識する、新しい安全技術の開発を行うと発表した。

この技術は、2007年4月以降、各携帯電話事業者の第3世代端末にGPS測位機能がそなわったことを利用するもの。
歩行者がもつ携帯電話の位置情報をクルマに伝達することで、車内から見えにくい場所にいる歩行者などを事前に探知。交通事故の低減をめざすシステムだという。

具体的には、
(1)携帯電話のパケット通信を利用して、車両の走行情報と歩行者が所持する携帯電話の位置情報を収集。おたがいの位置関係を明らかにする
(2)車両の前方にいる歩行者について注意喚起が必要と判断した場合、車両に歩行者の存在を伝える
というもの。

システムの開発実験には「NTTドコモ」の技術協力を受けるとのことだ。

日産は2006年10月より、神奈川県内において、交通環境の情報を利用した交通事故低減や渋滞緩和を推進する「SKY(スカイ)プロジェクト」の実証実験を行っており、今回の実験はその一環である。

(webCG)

新技術のイメージ図。GPSのデータをもとに、歩行者とクルマがお互いの位置情報を知らせあう。
新技術のイメージ図。GPSのデータをもとに、歩行者とクルマがお互いの位置情報を知らせあう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。