【スペック】全長×全幅×全高=4790×1895×1320mm/ホイールベース=2750mm/車重=1740kg/駆動方式=FR/4.2リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー・インタークーラー付き(426ps/6250rpm、57.1kgm/4000rpm)/価格=1330万円(テスト車=1348万9000円)

ジャガーXKRクーペ(FR/6AT)【ブリーフテスト】

ジャガーXKRクーペ(FR/6AT) 2007.04.17 試乗記 ……1348万9000円
総合評価……★★★★

ジャガーのプレミアムスポーツカー「XK」に“R”の名を冠したハイパフォーマンスモデル「XKR」がついに日本上陸となった。早速クーペモデルに試乗した。

ジャガーXKRクーペ(FR/6AT)【ブリーフテスト】

まさに贅沢な

このところ“gorgeous(ゴージャス)”というキーワードを使って、自分たちの製品やブランドを明確に位置づけようとしているジャガー。そのラインナップで、とびきりゴージャスなクルマといったら、ラクシュリースポーツの「XK」が真っ先に思いつく。なかでも、「R」の称号を与えられた「XKR」は、豪華さだけでなく、ありあまるパワーを手に入れた、まさに贅沢なモデルである。

XKが、304ps/43.0kgmの自然吸気4.2リッターV8を搭載するのに対し、XKRはスーパーチャージャーが与えられたことにより、最高出力は122psアップの426psをマーク。どう猛な性格は隠しようもないが、それでも洗練されたマナーを忘れないところはさすがジャガーで、上乗せされたゆとりと興奮を存分に味わうことができる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XKクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ジャガーFタイプ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.4 試乗記 ジャガーひさびさの“ピュアスポーツカー”とうたわれる、2シーターモデル「Fタイプ クーペ」。実際の走りは、どれほどのものなのか? 最も廉価なベーシックグレードで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る