第43回:「プジョー207」です

2007.04.17 エッセイ

第43回:「プジョー207」です


第42回:「プジョー207」です

ビッグニュース!?

「プジョー207」ですね。

2007年3月20日に、わが国でも発売されました。比較的手頃な価格帯のクルマということで、心待ちにしていた輸入車好きの方も多いんじゃないでしょうか。
エンジンは、ご存知、BMWと共同開発し、MINIにも搭載される1.6リッターツインカム。NA(自然吸気/120ps)とターボ(150ps)が用意されます。

・5ドア「NA+4AT」の「207」は239万円。
・同じく5ドア「NA+4AT」で、ちょっと豪華な「207Cielo」が264万円。
・3ドアボディにして、5段マニュアルとターボエンジンを組み合わせたスポーティなグレード「207GT」が、なぜか「207Cielo」と同じ264万円。

写真は5段MTの「207GT」です。

なにがニュースって、207、ハンドルにチルト(上下調整)のみならず、テレスコピック(前後調整)機能が付いて、運転姿勢の選択の幅が広がったってことでしょう。先代「プジョー206」は、平均より足の短いエディターでさえ、ハンドルの位置にシートを合わせると足もとが窮屈になりましたから。すっごく魅力的なスタイリングのクルマだったんですけどね。

ハンドルの調整機能のおかげで、「プジョー207」のドライビングポジションは、まあまあ。ところが……。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ