【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1755mm/ホイールベース=2420mm/車重=1030kg/駆動方式=MR/0.66リッター直3SOHC12バルブ(64ps/6000rpm、9.5kgm/3700rpm)/価格=156万4500円(テスト車=160万6500円/チューナー付MDCDプレーヤー=4万2000円)

ホンダ軽自動車取材会(後編)【試乗記】

ホンダ軽自動車取材会(後編) 2007.04.16 試乗記 バモスLターボ・トラベルドッグバージョン(MR/4AT)
……160万6500円

ホンダの主要な軽自動車を集めたプレス試乗会。最後は、個性的な“わんこ用”ワンボックスに乗ってみた。

もはや、家

中編からのつづき)
せ:最後は、ワンボックスの「バモス」です。

コ:デザインはええと思うけど……乗り心地、トラックやん。ステアフィールないし、ロックトゥロックで4回転って、どんだけ回んねん。先の2台と比べてしまうと、ホンマ古いなぁ。
せ:実際、古いです。1999年6月の発売ですから。開発陣もそろそろ「次」を考えているようですが、ファンは根強くいるようで、毎月2500〜3000台が売れています。

コ:あっ、後ろから聞こえてくるエンジン音が、新鮮!
せ:キャブオーバーという名のミドシップですから。もっとも、目的はハンドリングじゃなくて、スペース的なものでしょうが。
コ:しかし、リアシートをたたむとゼストも真っ青の広さやね。気持ちええくらいフルフラットになる。フロントシート一番下げても、1860×1220×1180mmの室内空間……“宿泊施設”決定やな。


ホンダ軽自動車取材会(後編)【試乗記】の画像
ホンダ軽自動車取材会(後編)【試乗記】の画像
クラシカルな趣きながら(?)、最先端の内装材が組み合わされる「トラベルドッグバージョン」の車内空間。シートは撥水&消臭機能を、ドア内張りは撥水機能を備える。
クラシカルな趣きながら(?)、最先端の内装材が組み合わされる「トラベルドッグバージョン」の車内空間。シートは撥水&消臭機能を、ドア内張りは撥水機能を備える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る