第3戦マッサV、新人ハミルトン記録達成【F1 07】

2007.04.16 自動車ニュース
待望の1勝目を獲得したフェリッペ・マッサ(左から2番目)、デビューから3戦連続表彰台という記録を達成した2位ルイス・ハミルトン(左)、そして3位キミ・ライコネン(左から3番目)。(写真=Ferrari)
第3戦マッサV、新人ハミルトン記録達成【F1 07】

【F1 07】第3戦バーレーンGP、マッサV、新人ハミルトン記録達成

F1世界選手権第3戦バーレーンGP決勝が、2007年4月15日、バーレーン・インターナショナル・サーキット(5.412km)を57周して行われた。

スタートでマクラーレンを抑えたマッサがトップで1コーナーへ。序盤はマッサ、ハミルトンが逃げ、アロンソ、ライコネン、ハイドフェルドが第2集団を形成。先頭集団との溝を作ってしまったアロンソの不調が目立ったレースだった。(写真=Ferrari)
第3戦マッサV、新人ハミルトン記録達成【F1 07】
3戦連続ポディウムという記録に加え、チャンピオンシップでライコネン、アロンソと並ぶトップに立ったハミルトン。22歳の大物ルーキーは、評判どおりのポテンシャルの持ち主だった。(写真=Mercedes Benz)
第3戦マッサV、新人ハミルトン記録達成【F1 07】
こちらは3戦連続4位のニック・ハイドフェルド。きわめてコンスタント&シュアなドライビングで、BMWザウバーをトップ3に押し上げている。いっぽう心配なのはチームメイトのロバート・クビサ。6位完走、得点ながら上位に食い込むことなく孤独な走行をしいられた。(写真=BMW)
第3戦マッサV、新人ハミルトン記録達成【F1 07】

開幕から2戦、いいところなしに終わっていたフェラーリのフェリッペ・マッサがポールポジションから優勝。メディアに着せられた(?)汚名を返上した。

2位はマクラーレンの新人ルイス・ハミルトン。デビューから3戦連続ポディウムフィニッシュという、史上初の記録を達成した。

3位はフェラーリのキミ・ライコネンで、ハミルトン同様3戦続けて表彰台にのぼった。

4位にBMWザウバーのニック・ハイドフェルド、5位にはマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。堅実なレース運びで3連続4位フィニッシュのBMW&ハイドフェルドは、コース上でチャンピオンを抜き、自力でその座を手に入れた。

6位はBMWザウバーのロバート・クビサ。しかしチームメイトとは違い地味な走りしか披露できなかった。

7位はルノーを料理したトヨタのヤルノ・トゥルーリ、そして8位はルノーのジャンカルロ・フィジケラで、最後の1点を獲得した。

ホンダ勢の受難の時は続き、ジェンソン・バトンは接触で0周リタイア、ルーベンス・バリケロは1周遅れの13位でゴールした。

スーパーアグリは、佐藤琢磨、アンソニー・デイヴィッドソンともエンジンを壊し、フィニッシュラインを切ることができなかった。

トヨタの2台は好対照な結果。ヤルノ・トゥルーリ(写真前)は9番手グリッドからスタートし、ひとつポジションを落としたがルノーを抜くなど好走、2戦連続の得点に成功した。週末をとおし不調だったのはラルフ・シューマッハー。14番手グリッドから17位にドロップ、何とか12位でゴールしたが、激しい中堅チーム争いのなかで精彩を欠いた。(写真=Toyota)
第3戦マッサV、新人ハミルトン記録達成【F1 07】
厳しい戦いが続くホンダ勢。16番グリッドからスタートしたジェンソン・バトンは、レッドブルの1台とスタート後に絡み早々にリタイア。残るルーベンス・バリケロ(写真)は序盤にペースが伸びず17位。その後他車のリタイアなどにも助けられ13位でフィニッシュした。いまやスーパーアグリにも先を越されるほどの低調ぶり、いよいよ深刻である。(写真=Honda)
第3戦マッサV、新人ハミルトン記録達成【F1 07】
ド派手なエンジンブローを披露してしまったスーパーアグリの佐藤琢磨(写真)。アンソニー・デイヴィッドソンも同じようなトラブルに見舞われ、チェッカードフラッグをくぐれず。開幕から上り調子だっただけに、ライバルが力をつけ始めるヨーロッパまでに初ポイントを手にしたかったのだが……。(写真=Honda)
第3戦マッサV、新人ハミルトン記録達成【F1 07】

■ライコネン、アロンソ、ハミルトンがポイントリーダーに

GP2戦目の新人にしてやられたのか。
前戦マレーシアGPの序盤、2位ハミルトンを攻めあぐねコースオフしたマッサにメディアの批判が集まった。
もうナンバー2ではない。冬のテストでも絶好調だったのに、結果が出せていない。

2戦連続のポールポジション。速さがあるのなら、あとはレースをまとめきるだけ。マッサは何よりも結果=勝利がほしかった。

マレーシアで失敗したスタートをうまく決め、大物ルーキー、ハミルトンを後ろに従えてレースをリード。主導権を早々に握ったマッサは、ミスなく57周を走り切り、待望の優勝を手中に収めた。

マッサにとって幸いだったのは、序盤、先頭2台の後方で精彩を欠くチャンピオン、3位アロンソが蓋をし、ライコネンとハイドフェルドを抑えてくれたことだった。

アロンソはピットストップでライコネンに先を越されたばかりか、ハイドフェルドにはコース上で抜かれるほどの不調ぶり。グリップ不足など終始ハンドリングに悩んだチャンピオンは5位でゴールした。

そうなると、ハミルトンの好走は特筆に値する。爆発的な速さを持たないマクラーレンでも2位。さらに終盤にはトップのマッサにも迫り、ゴール後の両車の差は2.3秒まで縮まっていたのだ。

GP3戦目、なみいるベテランを押しのけポディウムにのぼり続ける驚異のルーキー、ハミルトンは、なんとアロンソとライコネンという07年王者候補と並んで、チャンピオンシップでトップに立った。

2台巨頭のライコネン&アロンソとスーパールーキー、ハミルトン(ともに22点)に、出遅れたマッサ(17点)、そして堅調ハイドフェルド(15点)が追う展開。
GPサーカスは、慌しいフライアウェイ3戦を終え、ヨーロッパでの本格戦に突入する。

次戦は約1ヶ月後のスペインGP。決勝日は5月13日だ。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。