第42回:「シビック・タイプR」です(4)

2007.04.15 エッセイ

第42回:「シビック・タイプR」です(4)

フロントシート

【写真・上】

「ホンダ・シビック・タイプR」のシートです。

スウェード調のシート地を使ったヘッドレスト一体型バケットタイプで、意外や、やんわりとした座り心地。「ラックス スェード」と名付けられたシート表皮は、2代目「ホンダNSX-R」にも用いられた素材です。開発はセーレン社製。セーレン社といえば、「トヨタ・ブレイド」のインストゥルメントパネル上面に貼られたバックスキン調素材「グランリュクス」を手がけた会社でもあります。

さて、クッションとなるウレタンは、もちろん硬軟を使い分けてる。ソフトに体を保持する部分と、動きをしっかり止める場所とで。目指したのは、「オン・ザ・シート」ではなく、包み込まれるような「イン・ザ・シート」だそう。

【写真・下】

シートの骨組みですね。

ハードボイルドなタイプRに使われるシートですから、ナイスな座り心地に加えホールド性もバッチリ。背もたれ中央の樹脂製パネルは、背骨の湾曲に合わせてあるとか。チラッと、「ドライバーの身長はどう反映されるのか?」と素朴な疑問が……。

座面は、ハードブレーキングでもドライバーの体が前にズリ出さないよう、特に工夫されてます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ