第41回:「シビック・タイプR」です(3)

2007.04.14 エッセイ

第41回:「シビック・タイプR」です(3)

吸排気系

「ホンダ・シビック・タイプR」のエンジンです。

2リッター直4DOHCから、「ホンダ・インテグラ・タイプR」の220psをしのぐ、最高出力225ps/8000rpm、最大トルク21.9kgm/6100rpmを発生します。

乾いた雑巾をさらに絞るかのピークパワー。それでいて、最大トルクはより太く、低い回転数で得られる。

モデルのマイナーチェンジ時には、「吸排気系のファインチューンでアウトプットを増大」というフレーズがよく使われますが、シビック・タイプRの「K20A」i-VTECの場合は、「これ以上はちょっと……」のレベルに達したんじゃないでしょうか。

【写真・上】

太く、短く、まっすぐにしたインテークマニフォルド。さらにスムーズに空気を吸い込み、アクセル操作へのレスポンスを上げます。

【写真・中】

反対に、さらにスムーズに排ガスを押し出すため、エグゾーストマニフォルドの形状が変わりました。「1-4」「2-3」からの集合部分が鋭角になって、排ガスの流れを乱しにくくなってます。

【写真・下】

やはり排圧を低減するために形状を変えたエグゾーストパイプ。これまた、よりまっすぐになっとります。

エンジン担当エンジニアの方によると、「排気系のチューニングが(パワーアップに)一番効いた」とのこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ