【スペック】全長×全幅×全高= 3395×1475×1580mm/ホイールベース=2420mm/車重=880kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3SOHC6バルブ(64ps/6000rpm、9.5kgm/4000rpm)/価格=139万1250円(テスト車=144万3750円/Hondaスマートパーキングアシストシステム=5万2500円)

ホンダ軽自動車取材会(前編)【試乗記】

ホンダ軽自動車取材会(前編) 2007.04.14 試乗記 ホンダ・ライフディーバ(FF/4AT)
……144万3750円

軽自動車市場の好調が伝えられるなか、ホンダの主要な3モデルを集めた「軽自動車取材会」が開催された。
“軽の世界”は、いまどうなっているのか? 『webCG』コンドーと、同じく関のリポート。
ホンダ軽自動車取材会(前編)【短評】

いま、軽自動車がアツい

関(以下「せ」):今日は、ホンダの軽自動車ばかりを集めた試乗会にやってきました。

コンドー(以下「コ」):なんでまた、“軽だけ”なんよ。「スポーツカー大集合」とか「VTECイッキ乗り」とかのほうがええのに。
せ:ホンダって、「ビート」でしょう? たしか軽自動車ですよね。
コ:なんや! えらい唐突に。日本語ヘンになってんで。たしかにビートはホンダの軽やけど……。

せ:いま、軽自動車が商業的にアツいんですよ。1998年からドンドン比率が高まり、いまや年間登録台数の35%は軽自動車。ホンダ車に限っても36%を占めているそうです。
コ:3台に1台以上か!……そりゃ多いなぁ。でも、言うほど巷にあふれている感もない。東京だからってのもあるやろうけど、どれも背が高くて似た感じやから、あんまり印象に残らんのかも。
せ:その、いわゆる「ハイトワゴン」だけで60%を占めているそうです。しかし、そんな軽自動車にもそれぞれに個性があるというのがメーカーの主張。一度にいろいろ乗り比べれば、あるいは違いがわかるかもしれません。

コ:まぁ、いい機会というわけやね。さっそく、試してみよ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • ホンダN-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)/N-ONE Premium Tourer(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.21 試乗記 ホンダN-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)/N-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……136万6000円/156万750円

    往年の名車をモチーフに開発された、ホンダの新型軽「N-ONE(エヌワン)」に試乗。その走りや使い勝手を、2つのグレードでチェックした。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2014.1.9 試乗記 本田技術研究所 四輪R&Dセンター LPL 主任研究員 人見康平(ひとみ こうへい)さん 軽自動車の主戦場、ハイトワゴンのジャンルに勝負を挑む「N-WGN」。強敵たちを相手にどんな作戦を練ったのか、開発責任者に聞いた。
ホームへ戻る