第317回:マツダもダテにイケイケじゃないぜ!
「CX-7」ちょっとびっくりインプレッション

2007.04.13 エッセイ

第317回:マツダもダテにイケイケじゃないぜ!「CX-7」ちょっとびっくりインプレッション

全体的にフラット

いやはやちょっとばかり驚いてしまいました。2006年12月に出たばかりの「マツダCX-7」。たまたま忙しくて試乗会に行けなかったのと、アメリカ向けのサイズとネーミング、さらにSUV+スポーツカーって新コンセプトに今ひとつピンとこなくて放置してたんだけど、こないだ大宮までサッカーに行くときに乗ってビックリ! メチャクチャいいじゃないのさ、コレ。

まずは走り始めた瞬間、ウソみたいに軽い出足に驚く。アクセルペダルが軽く、スムーズで遊びがないのと、2000rpm以下から過給が効き始めるという、ジマンの直噴2.3リッター直4ターボのデキがいい。ペダルに足を乗せた瞬間から、ホントに思い通りに安定したトルクが出る。いわゆる3リッターV6エンジンのような滑らかさはないんだけど、妙なターボラグやトルク変動がなく、高精度な加速。ボディ車重は約1.7トンもあるんだけど、それを感じさせない。

乗り心地もいい。ボディが大きいこともあってか、全体的にフラットで滑るように進む。この手の大型SUVってのは、車高が高いせいかどうしても急激なアクセルの踏み込みやブレーキング時にノーズが上がったり下がったりするもんだけどそれがほとんど気にならない。

(私信)ほぼ毎週日曜日に大宮でサッカーやってます。対戦希望の方は小沢までメールを! 強すぎないかた希望。
(私信)ほぼ毎週日曜日に大宮でサッカーやってます。対戦希望の方は小沢までメールを! 強すぎないかた希望。

第317回:マツダもダテにイケイケじゃないぜ!「CX-7」ちょっとびっくりインプレッションの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』