ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加

2007.04.12 自動車ニュース

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加

光岡自動車は2007年4月12日、フラッグシップセダン「ガリュー」のオープンバージョンとして「ガリューコンバーチブル」を発表。翌13日から販売を開始する。

■ベースは「マスタングコンバーチブル」

「ミツオカ・ガリュー(我流)」は、1996年2月にラインナップに加わった、クラシックデザインを纏うセダン。初代は「日産クルー」、2代目は「日産セドリック」をベースとし、現行モデルは「日産フーガ」に手を加えて作られる。

しかし今回登場した「ガリューコンバーチブル」はフーガではなく、「フォード・マスタングコンバーチブル」がベースとして選ばれた。

全長×全幅×全高=4830×1870×1400mmと、若干ストレッチされたボディはベース車同様に4シーターとなり、電動で開閉するソフトトップを備える。

機関面はマスタングコンバーチブルに準じ、エンジンは4.6リッターV8 SOHC(304ps、44.2kgm)と4リッターV6 SOHC(213ps、33.1kgm)を用意。4リッターのマスタングはフォードジャパンにラインナップされていないモデルだが、輸入業も営む光岡自動車がベース車をアメリカから直接調達しているという。
どちらも5段ATが組み合わせられ、ステアリング位置は左のみ。

ボディカラーはホワイト、レッド、ブラックの3色で、内装色はブラックかレッドとなる。価格は、V8が777.0万円、V6は672.0万円。完全受注生産になるため、納車までに3ヶ月ほどの期間を要する。

(webCG 本諏訪)


ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像
「これからも夢のある楽しいクルマを企画していきたい」と語る、光岡自動車の光岡章夫社長。
「これからも夢のある楽しいクルマを企画していきたい」と語る、光岡自動車の光岡章夫社長。

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像

関連キーワード:
ガリューコンバーチブルミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る