ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加

2007.04.12 自動車ニュース

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加

光岡自動車は2007年4月12日、フラッグシップセダン「ガリュー」のオープンバージョンとして「ガリューコンバーチブル」を発表。翌13日から販売を開始する。

■ベースは「マスタングコンバーチブル」

「ミツオカ・ガリュー(我流)」は、1996年2月にラインナップに加わった、クラシックデザインを纏うセダン。初代は「日産クルー」、2代目は「日産セドリック」をベースとし、現行モデルは「日産フーガ」に手を加えて作られる。

しかし今回登場した「ガリューコンバーチブル」はフーガではなく、「フォード・マスタングコンバーチブル」がベースとして選ばれた。

全長×全幅×全高=4830×1870×1400mmと、若干ストレッチされたボディはベース車同様に4シーターとなり、電動で開閉するソフトトップを備える。

機関面はマスタングコンバーチブルに準じ、エンジンは4.6リッターV8 SOHC(304ps、44.2kgm)と4リッターV6 SOHC(213ps、33.1kgm)を用意。4リッターのマスタングはフォードジャパンにラインナップされていないモデルだが、輸入業も営む光岡自動車がベース車をアメリカから直接調達しているという。
どちらも5段ATが組み合わせられ、ステアリング位置は左のみ。

ボディカラーはホワイト、レッド、ブラックの3色で、内装色はブラックかレッドとなる。価格は、V8が777.0万円、V6は672.0万円。完全受注生産になるため、納車までに3ヶ月ほどの期間を要する。

(webCG 本諏訪)


ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像
「これからも夢のある楽しいクルマを企画していきたい」と語る、光岡自動車の光岡章夫社長。
「これからも夢のある楽しいクルマを企画していきたい」と語る、光岡自動車の光岡章夫社長。

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像

関連キーワード:
ガリューコンバーチブルミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売 2017.9.1 自動車ニュース 日本古来の「武の美」がテーマ。個性派の限定車「ミツオカ・ヒミコ ラン」が登場。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • 第59回:「EV化の流れは止まらない」のウソ 2017.9.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第59回は「『EV化の流れは止まらない』のウソ」。内燃車のEVシフトが叫ばれる中、ディーゼル車の存在意義が揺らぎ始めている。ディーゼルは本当に消えてしまうのか!? 「BMW 320d」を購入した筆者が、疑問を投げかける。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
ホームへ戻る