ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加

2007.04.12 自動車ニュース

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加

光岡自動車は2007年4月12日、フラッグシップセダン「ガリュー」のオープンバージョンとして「ガリューコンバーチブル」を発表。翌13日から販売を開始する。

■ベースは「マスタングコンバーチブル」

「ミツオカ・ガリュー(我流)」は、1996年2月にラインナップに加わった、クラシックデザインを纏うセダン。初代は「日産クルー」、2代目は「日産セドリック」をベースとし、現行モデルは「日産フーガ」に手を加えて作られる。

しかし今回登場した「ガリューコンバーチブル」はフーガではなく、「フォード・マスタングコンバーチブル」がベースとして選ばれた。

全長×全幅×全高=4830×1870×1400mmと、若干ストレッチされたボディはベース車同様に4シーターとなり、電動で開閉するソフトトップを備える。

機関面はマスタングコンバーチブルに準じ、エンジンは4.6リッターV8 SOHC(304ps、44.2kgm)と4リッターV6 SOHC(213ps、33.1kgm)を用意。4リッターのマスタングはフォードジャパンにラインナップされていないモデルだが、輸入業も営む光岡自動車がベース車をアメリカから直接調達しているという。
どちらも5段ATが組み合わせられ、ステアリング位置は左のみ。

ボディカラーはホワイト、レッド、ブラックの3色で、内装色はブラックかレッドとなる。価格は、V8が777.0万円、V6は672.0万円。完全受注生産になるため、納車までに3ヶ月ほどの期間を要する。

(webCG 本諏訪)


ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像
「これからも夢のある楽しいクルマを企画していきたい」と語る、光岡自動車の光岡章夫社長。
「これからも夢のある楽しいクルマを企画していきたい」と語る、光岡自動車の光岡章夫社長。

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像

ミツオカ「ガリュー」にコンバーチブル追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る