第38回:「アルファ8Cコンペティツィオーネ」です(5)

2007.04.10 エッセイ

第38回:「アルファ8Cコンペティツィオーネ」です(5)

親戚たち

「アルファ8Cコンペティツィオーネ」が、ギアボックスをリアのデファレンシャルと一体化した「トランスアクスル」方式を採ると聞いて、「アレ!?」と思った方がいらっしゃるかもしれません。

つまりアルファ8Cは、2ペダル式のMTか、と。


そうです。何が「アレ!?」かというと、8Cコンペティツィオーネの“ベース”と噂された「マセラティ・グラントゥーリズモ」は、ZF社製の6段AT、普通のトルクコンバーター式のオートマチックを、V8エンジンと組み合わせているからです。

グラントゥーリズモの兄貴分、マセラティの正当派4ドアセダン「クワトロポルテ」には、ご存知のように、新しく加わった通常のオートマ車と2ペダル式MTモデルがあります。だから、前者のボディ短縮版が「グラントゥーリズモ」となり、後者の、グラントゥーリズモ以上に短くしたシャシーを使ったのがアルファ8Cということもできますが……。

サイズを較べてみましょう(欧州発表値)。

QP:全長505cm/車軸間306.5cm
GT:全長488cm/車軸間294.2cm
8C:全長440cm/車軸間264.6cm

ちなみにマセラティのクーペ「グランスポーツ」は、453cmに266cmだから、アルファ8Cに近い大きさです。おたがい2シーターだから、当然といえば当然ですが。

……といったベース車さがしをしてみても、実はあまり意味がありません(さんざんしといて!)。だってアルファ8Cコンペティツィオーネは、「スチールのプラットフォーム+ボディ骨格」にカーボンのパネルを貼る、という凝ったつくりをしているからです!!

8C:4.7リッターV8+6段MT(2ペダル式)
第38回:「アルファ8Cコンペティツィオーネ」です(5)
グラントゥーリズモ:4.2リッターV8+6段AT
第38回:「アルファ8Cコンペティツィオーネ」です(5)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ