【スペック】全長×全幅×全高=3700×1685×1430mm/ホイールベース=2465mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=264万円(テスト車=274万1000円)

MINIクーパー(FF/6AT)【ブリーフテスト】

MINIクーパー(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.04.10 試乗記 ……274万1000円
総合評価……★★★★

キープコンセプトでフルモデルチェンジされた、2代目「MINI」。ベーシックモデルに先駆けて日本で発売された、自然吸気エンジンを積む「クーパー」のオートマモデルを試した。

実用的なファンカー

オールド「Mini」からの空白期間をそのままにして再生したようなニュー「MINI」も、モデルチェンジで順次今日的なレベルに引き上げられつつある。
そのなかでも喝采すべきは、乗り心地の改善であろう。これなら、ファンカーとして楽しみながら実用に供することに不満はない。

今回のモデルチェンジの目玉は、エンジンがブラジル製SOHC4気筒からイギリス製のDOHC4気筒に換装されたことだが、今までのエンジンでもさしたる不満はなく、エンジンがウィークポイントでは無かったから、これはすべて商品性のかさあげに繋がる。
「BMW」と「プジョー」の共同開発生産と言われるユニットだけに、「プジョー207」に積まれて登場してくるとその他の部分で比較されることになり、今回の改良も納得される状況ではある。といっても、直接比較してどっちを選ぶという相手ではない。

MINIの独自性を尊重しつつ、さらなる改良点を所望するならば、エンジンのアイドル振動とブレーキのサーッという摺動音、この2点は他のクルマとの比較で気になる点である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る