【スペック】全長×全幅×全高=4435×1844×1246mm/ホイールベース=2686mm/車重=1470kg/駆動方式=FR/6リッターV8 OHV16バルブ(400ps/6000rpm、55.3kgm/4400rpm)(海外仕様)

シボレー・コルベットC6【海外試乗記(前編)】

The Best Corvette Ever(前編) 2004.09.28 試乗記 シボレー・コルベットC61953年にデビューした、アメリカを代表する伝統的なスポーツカー「シボレー・コルベット」が、第6世代目に突入した。2004年年初のデトロイトショーでお披露目された新型に、『webCG』の大川悠がアメリカで乗った。

革新と伝統

「C6」、これは「コルベット」の6代目を意味する。
戦後アメリカでは初めての2シーター・リアルスポーツカーとしてコルベットが生まれたのは1953年。そしてそれから半世紀以上を経たいま、6世代目に発展した。51年間で6世代目だから、やはり乗用車より、各モデルの息は長い。
63年に2代目のいわゆる「スティングレイ」となり、横置きリーフのサスペンションを備えた3代目は68〜83年と長生きする。
そして84年、いまに繋がる基本デザインが確立され、97年の「C5」を経て、2004年にC6へと発展した。最新型のクーペの登場は2004年1月のデトロイトショー、コンバーチブルは3月のジュネーブショーで、アメリカでは年内から、日本を含む海外市場では2005年から販売が開始される。

C6を手がけたのは、ゼネラルモーターズ(GM)で高性能車部門のトップとなっているデイブ・ヒル。「キャデラックXLR」の責任者であった彼は、先代C5にもタッチしている。したがって新コルベットは、先代の流れを受け継ぎつつも、7年前の反省とこの間の技術の進歩をフルに活かすとともに、XLRとの性格の違いもより明瞭に組み込んで設計された。

プラットフォームはXLRと似ている。ハイドロフォームの主構造と樹脂製フロア、そして軽合金のバルクヘッド、コクピットから成る一種のバックボーンの上に樹脂の外皮を被せた成り立ち。ただし、サスペンションは伝統の前後横置きリーフの独立である。

剛性高くコンパクトに

C6のボディで注目されるのは2点。コンパクトで軽量化を図ったことに加え、大幅な剛性向上に成功したことである。
しかも、世界中のクルマがどんどん大型化するなかで、新型コルベットは小さくなった。ホイールベースこそやや延びたが、全長は12.7cm短く、幅も2.54cm狭くなった。それでいて、2座のキャビンスペースや荷室はやや広がっているし、前後オーバーハングが切りつめられたために、イナーシャマスは小さくなって、よりハンドリングはシャープになったという。

デザイン面で誰もが気がつくのは、フロントのヘッドランプが2世代以降40年も続いた格納式から、表面に出た露出式になったこと。格納式に固執したのは、低いノーズを保ちつつも必要な光量を確保したかったからだが、HIDが実用化されたことにより、低いボンネットの面に合わせた露出式でも、充分に明るくすることができたために、踏み切ったのだという。

これの狙いはスタイリングのためだけではない。フロントスペースと、重量を減らしたかったからだともいう。実際、格納式の場合必要だったモーターやリンクがなくなったため、フロントは軽くなったし、オーバーハングを短くすることが可能になり、これがコンパクトネスとハンドリングに大きく貢献したと、デイブ・ヒルは胸を張る。(後編につづく)

(文=webCG大川悠/写真=日本ゼネラルモーターズ/2004年9月)

シボレー・コルベットC6【海外試乗記(後編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015765.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る