【スペック】全長×全幅×全高=4435×1844×1246mm/ホイールベース=2686mm/車重=1470kg/駆動方式=FR/6リッターV8 OHV16バルブ(400ps/6000rpm、55.3kgm/4400rpm)(海外仕様)

シボレー・コルベットC6【海外試乗記(前編)】

The Best Corvette Ever(前編) 2004.09.28 試乗記 シボレー・コルベットC61953年にデビューした、アメリカを代表する伝統的なスポーツカー「シボレー・コルベット」が、第6世代目に突入した。2004年年初のデトロイトショーでお披露目された新型に、『webCG』の大川悠がアメリカで乗った。

革新と伝統

「C6」、これは「コルベット」の6代目を意味する。
戦後アメリカでは初めての2シーター・リアルスポーツカーとしてコルベットが生まれたのは1953年。そしてそれから半世紀以上を経たいま、6世代目に発展した。51年間で6世代目だから、やはり乗用車より、各モデルの息は長い。
63年に2代目のいわゆる「スティングレイ」となり、横置きリーフのサスペンションを備えた3代目は68〜83年と長生きする。
そして84年、いまに繋がる基本デザインが確立され、97年の「C5」を経て、2004年にC6へと発展した。最新型のクーペの登場は2004年1月のデトロイトショー、コンバーチブルは3月のジュネーブショーで、アメリカでは年内から、日本を含む海外市場では2005年から販売が開始される。

C6を手がけたのは、ゼネラルモーターズ(GM)で高性能車部門のトップとなっているデイブ・ヒル。「キャデラックXLR」の責任者であった彼は、先代C5にもタッチしている。したがって新コルベットは、先代の流れを受け継ぎつつも、7年前の反省とこの間の技術の進歩をフルに活かすとともに、XLRとの性格の違いもより明瞭に組み込んで設計された。

プラットフォームはXLRと似ている。ハイドロフォームの主構造と樹脂製フロア、そして軽合金のバルクヘッド、コクピットから成る一種のバックボーンの上に樹脂の外皮を被せた成り立ち。ただし、サスペンションは伝統の前後横置きリーフの独立である。

剛性高くコンパクトに

C6のボディで注目されるのは2点。コンパクトで軽量化を図ったことに加え、大幅な剛性向上に成功したことである。
しかも、世界中のクルマがどんどん大型化するなかで、新型コルベットは小さくなった。ホイールベースこそやや延びたが、全長は12.7cm短く、幅も2.54cm狭くなった。それでいて、2座のキャビンスペースや荷室はやや広がっているし、前後オーバーハングが切りつめられたために、イナーシャマスは小さくなって、よりハンドリングはシャープになったという。

デザイン面で誰もが気がつくのは、フロントのヘッドランプが2世代以降40年も続いた格納式から、表面に出た露出式になったこと。格納式に固執したのは、低いノーズを保ちつつも必要な光量を確保したかったからだが、HIDが実用化されたことにより、低いボンネットの面に合わせた露出式でも、充分に明るくすることができたために、踏み切ったのだという。

これの狙いはスタイリングのためだけではない。フロントスペースと、重量を減らしたかったからだともいう。実際、格納式の場合必要だったモーターやリンクがなくなったため、フロントは軽くなったし、オーバーハングを短くすることが可能になり、これがコンパクトネスとハンドリングに大きく貢献したと、デイブ・ヒルは胸を張る。(後編につづく)

(文=webCG大川悠/写真=日本ゼネラルモーターズ/2004年9月)

シボレー・コルベットC6【海外試乗記(後編)】
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015765.html

関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・コルベットZ06 Z07パッケージ装着車(FR/7MT)【試乗記】 2015.10.7 試乗記 アメリカが誇る高性能スポーツカー「シボレー・コルベット」に、最高出力659psの過給機つき6.2リッターV8エンジンを搭載したハイパフォーマンモデル「Z06」が登場。迫力のルックスと豪快な加速性能だけにとどまらない、“史上最強のコルベット”の魅力に触れた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(後編) 2017.5.11 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。フォーツーのかわいらしい走りにぞっこんの谷口。ずばり、同車の魅力とはなんなのだろうか。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • 5台限定、「シボレー・コルベット」に青が魅力の限定モデル 2017.4.5 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に5台限定の特別仕様車「グランスポーツ アドミラルブルー ヘリテージ」が登場。量販モデルに初めて高性能モデルの「グランスポーツ」が設定されたときと同じく、ボディーカラーには「アドミラルブルー」が用いられている。
ホームへ戻る