新型「BMW M3」、パフォーマンスの内容が次第に明らかに

2007.04.09 自動車ニュース

新型「BMW M3」、パフォーマンスの内容が次第に明らかに

「BMW」は、3シリーズのハイパフォーマンスモデル、新型「M3クーペ」の詳細を発表した。

■4リッターV8、420hp

リリースによると、新型「M3」のエクステリアデザインはノーマル「3シリーズクーペ」を踏襲するものの、パーツのほとんどは専用設計。
ただし、左右のドア、ウィンドウ、トランクの蓋、ヘッドランプは流用される。

アルミ製のボンネット中央には、エンジンを覆うパワーバルジが盛り上がり、その左右に放熱用のエアスクープが穿たれる。
フロントまわりは、エアの確保を最優先にデザインされており、エンジンの吸気には、下方に設けられた3つのエアインテークがあてられる。

その心臓は、新型の4リッターV8。先代同様“リッターあたり100hp”の壁を越え、420hp/8300rpmと40.8kgm/3900rpmを発生する。
レッドラインは8400rpmで、6500rpmからは最大トルクの85%を発揮するという。ギアボックスは、コンベンショナルな6段マニュアル。デュアルクラッチのオートマチックもカタログに載る予定だ。

実力に関しては、0-100km/h加速が4.8秒と伝えられる。トップスピードは、ミッターが効く250km/hだ。

■軽量化にもこだわり

新しいM3では、先代の特別モデル「M3 CSL」と同様にルーフをカーボンファイバー製とした。これにより、5kgの軽量化を実現、重心も低下したという。

エンジンを見ても、その重量は202kgで、直列6気筒エンジンよりも15kg軽く仕上がっている。
クランクシャフトは鍛造アルミの削り出しで「わずか20kg」(リリース)。さらに、フロントアクスルコンポーネントもアルミ製。また、通常は鉄製となる5リンクのリアアクスルにもアルミパーツが用いられる。

■「M」ならではの装備

すでにラインナップしている上級モデル「M5」や「M6」と同様に、M3にも「Mドライブボタン」が備わる。ボタンひとつで、電子制御サスペンションのモード(ノーマル、コンフォート、スポーツ)や、DSC+トラクションコントロールセッティング、エンジンコントロールのマッピング、パワステのレスポンスなどを調節できる。

足まわりには、18インチの軽量アルミホイールを標準装備。オプションで19インチホイールも用意される。
その他「M」ならではの特徴として、フロントフェンダーにインジケーターとM3ロゴを併せたグリルが備わり、サイドミラーは、ダウンフォースを生むエアロフォルムのものになる。
リアには、左右それぞれ2本だしのエグゾーストパイプが輝く。

この詳細が報じられた英国での発売は、2007年9月を予定。なお、「価格については後日」とのことである。

(webCG 関)

 
新型「BMW M3」、パフォーマンスの内容が次第に明らかにの画像
特徴的なマフラーエンドが、ハイパフォーマンスモデルであることを主張する。
特徴的なマフラーエンドが、ハイパフォーマンスモデルであることを主張する。
「M3」に搭載される、新型V8エンジン。
「M3」に搭載される、新型V8エンジン。
「M3」エンジンのクランクシャフト。単体で20kgという軽さが自慢。
「M3」エンジンのクランクシャフト。単体で20kgという軽さが自慢。
 
新型「BMW M3」、パフォーマンスの内容が次第に明らかにの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る