【スペック】RS Limited:全長×全幅×全高=3395×1475×1470mm/ホイールベース=2440mm/車重=820kg/駆動方式=FF/0.6リッター直3DOHC12バルブターボ(64ps/6000rpm、10.5kgm/3000rpm)

ダイハツ・ソニカ【試乗記】

ダイハツ・ソニカ【短評】 2007.04.09 試乗記 ……118万6500〜154万8750円

いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!

チャレンジ精神

【復習:こんなクルマ】

画期的に贅沢な軽自動車。ベースは既存のものの流用だが、スタイリングは低く、長く、美しく、エンジンは「エッセ」から採用が始まった新開発の直3にターボを追加したタイプを採用。ギアボックスも新開発のCVTだ。

【ソニカの○と×】

○:
軽自動車の質の高さの限界に挑んでいること。乗るなり「これが軽自動車か?」と思う。シートは低反発マットのように体に優しく、ポジションも立ちすぎず、寝すぎずラクチン。パワートレインはスムーズ&パワフルでオマケに音も静か。乗り心地も軽自動車としては最高の部類で、おまけにステアリングフィールもよい。滑らかでほどよくキビキビしている。
唯一、スタイリングにいまひとつインパクトがないが、それでも“軽のデートカー”として新境地に挑んでいる。

×:
おそらくユーザーがあまりいないこと。最初のひと月こそ予定販売台数の月2000台を大幅に上まわる、約5000台を受注したが、それ以降は普通。というのも質は高いが、広さ、スタイルと特にわかりやすくアピールするものがなく、価格が軽自動車としては高めなのだ。その幅実に118万6500〜154万8750円であり、いくら質が高いとはいえ、サイフの紐が固い軽ユーザーはなかなかなびかない。
もちろんチャレンジ精神は立派。でも、最強のライバル、スズキを打ち倒すべく、ちょっと無理しすぎてるんじゃないのかとも思える。

【コージから一言】

つくづく今の軽自動車市場は戦国時代。いろんなアプローチがあるもんだ。

(文=小沢コージ/『NAVI』2007年2号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソニカの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
ホームへ戻る