【スペック】eKワゴンGS:全長×全幅×全高=3395×1475×1550mm/ホイールベース=2340mm/車重=850kg/駆動方式=FF/0.6リッター直3SOHC12バルブ(50ps/6500rpm、6.3kgm/4000rpm)

三菱eKワゴン/eKスポーツ【試乗記】

三菱eKワゴン/eKスポーツ 2007.04.08 試乗記 ……91万3500〜122万2200円/126万〜148万4700円

いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!

身の丈

【復習:こんなクルマ】

「三菱 i 」とは別に、背水の陣の三菱がリリースしたユニークかつ手堅い軽。人気を博した初代「eKワゴン」をベースに、業界では初となる電動スライドドアを採用。CMキャラクターに人気女優の江角マキコを採用するなど評判はよい。

【ekワゴン/ekスポーツの○と×】

○:
アイデアのみで勝負してること。実に手堅く、今の三菱の身の丈にあった商品である。お金をかけずに初代のプラットフォームをベースにボディ剛性を上げ、走りの質感をよくしている。オマケに評判のよかったボクシーかつ実用的なデザインも、基本は変えずに改良している。商品の売りもわかりやすく、なおかつポイントをしっかりつかんでいる。
それは軽乗用車としては初めてスライドドアを採用するだけでなく、電動開閉とし、そのうえ価格上昇を5万円程度に抑えているところ。本来的には10万円高ぐらいにしたかったようだが、あえて普及を狙い、このくらいの価格差とした。実際、非常に売れており、メーカーの思惑通り手堅いヒットとなった。

×:
特にない。実情に、時流にあった商品だと思う。電動スライドドア以外に感心したのは、充実した小物入れで、初代で評判の良かったゴミ箱を大きくしたり、ドアポケットを大きくするだけでなく、社内に「収納コワザ委員会」を発足させ、100円ショップなどを参考にマルチユースフックなども装着した。これは前列シートの背もたれ背面に付けるもので、子供のお気に入りのハンカチやらぬいぐるみを簡単にぶら下げられる。電動スライドドアと並び、非常に気が利いている。

【コージから一言】

三菱さん、この路線でがんばってください。

(文=小沢コージ/『NAVI』2007年2号)

 
三菱eKワゴン/eKスポーツ【試乗記】の画像
 
三菱eKワゴン/eKスポーツ【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 三菱、「eKカスタム」と「eKワゴン」を一部改良 2017.1.26 自動車ニュース 三菱自動車は2016年1月26日、軽乗用車「ekカスタム」と「ekワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良では、ボディーカラー展開の見直しと、一部グレードで装備の強化が行われた。
  • 三菱、軽トールワゴンの「eKスペース」を大幅改良 2016.12.21 自動車ニュース 三菱が軽トールワゴンの「eKスペース」を大幅改良。標準モデル、カスタムモデルともにフロントまわりのデザインを一新した。装備の強化もはかっており、運転支援システムや安全装備を標準で備えた新グレードも設定している。
  • 三菱eKスペース カスタムT(FF/CVT)/三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.13 試乗記 三菱が満を持して軽スーパーハイトワゴン市場に参入。最後発となる「eKスペース」はライバルに伍(ご)する実力を備えているのか。その使い勝手と走りを試した。
ホームへ戻る