第37回:「アルファ8Cコンペティツィオーネ」です(4)

2007.04.08 エッセイ

第37回:「アルファ8Cコンペティツィオーネ」です(4)


第37回:「アルファ8Cコンペティツィオーネ」です(4)

ヒストリー

2007年4月2日に行われた「アルファ8Cコンペティツィオーネ」のお披露目会で展示されていた「アルファ・ロメオ・ティーポ33」。

1968年型。1995ccV8搭載(270hp)。V字の角度は、もちろん90度。

ヒストリーを書いておきましょうね。

フランス、イタリアのヒルクライムで腕試しをしたのち(いずれも2位)、ホッケンハイムを2回走り、ヴァンズドルフ(1位)、ルマン24時間レース(6位)、ニュルブルクリンク1000km(7位)と、立派な戦績。アルファ・ロメオ、8Cコンペティツィオーネの発表に合わせて、すごいクルマを引っ張り出してきたな。

自動車メーカーにとって“ブランド”がやたらと大切になってきた今日この頃。歴史的な名車がよりどりみどりなアルファ・ロメオは、他社にとってうらやましい限りでしょう。
それもこれも、ツラくたって、悲しくったって、ちっとも勝てなくったって、レースをやりつづけた恩恵……、てなことを、いま最も強く再認識しなければならないのは、もしかしたらアルファ・ロメオ自身なのかもしれません。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ