第36回:「アルファ8Cコンペティツィオーネ」です(3)

2007.04.07 エッセイ

第36回:「アルファ8Cコンペティツィオーネ」です(3)

トランスアクスル

500台限定のスーパーアルファ「アルファ8Cコンペティツィオーネ」の発表会にて。クルマを間近で見ていたら、若い女性から声をかけられた。

「すいませーん。トランスアクスルって、ドレですか?」

皆さまご存知の通り、アルファ8Cコンペティツィオーネは、4.7リッターV8(450ps、47.9kgm)からの出力を、トランスアクスル方式を採る2ペダルの6段MTを介して後輪に伝達する。きっとどこかの編集部の“デスク”から、8Cコンペティツィオーネのキーワードが列挙されたメモを渡されて、「コレ撮って来て」と派遣されたんでしょう。

「トランスアクスル」とは、ギアボックスをリアのデファレンシャルと一体化したレイアウトの名称。そうすると重いギアボックスが車体後部に吊られることになるので、前にエンジンを置く後輪駆動車の場合、前後の重量バランスがよくなって運動性の向上に貢献するんです……みたいなことを言ってもかえって混乱しそうだったので、
「車体の裏ですよ」とドアの下あたりを指さすと、「あ、そうなんですかあ」といって去っていきました。さようなら。

残されたエディターは、「アルファ8Cのトランスアクスルとは、つまりマセラティの“カンビオコルサ”改め“デュオセレクト”のことですな」とひとりでブツブツ言いつつ、気になったのでボディのリアから裏側をのぞきこむと、アンダーカバーに隠れてギアボックスやデフはほとんど見えない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ