第316回:緊急追加ジュネーブショー報告
スクープ! 「ベントレー・ブルックランズ」は偶然の産物だった!!

2007.04.06 エッセイ

第316回:緊急追加ジュネーブショー報告スクープ! 「ベントレー・ブルックランズ」は偶然の産物だった!!

ケンカに強い紳士

ちょっと前の話だけど、俺も行った2007年のジュネーブショーでは当然何台ものワールドプレミアがあって、その中には、クルマ通が喜びそうな超シブワイルドなニューモデルの発表があった。その名は「ベントレー・ブルックランズ」!

新世代のコンチネンタル系ではなく、元々は1990年代から作られている高級セダン「アルナージ」をベースにしたモデル。といってもアルナージは2000年代に入ってからは、伝統のV8エンジンの50%を新設計とし、ボディもコンピュータデザイン技術を使って補強された別モノ。その“古くて新しい”ベントレーを使った最強のクーペが発表されたのだ。

車名の「ブルックランズ」は、ベントレーが20〜30年代に活躍した英国の伝統的なサーキットの名前で、それだけ勇ましいってことなんだけど、実際パワーがとんでもない。プッシュロッドの6.75リッターV8ツインターボは、最高出力が537psで最大トルクが107.0kgm! ようするにファントムの6.8リッターV12(460ps、73.4kgm)をパワーとトルクで、マイバッハの6リッターV12ターボ(612ps、99.9kgm)をトルクで凌いでいるんだから、ヤバいくらいの頂上決戦だ。

同じ500psといってもフェラーリやランボルギーニの500psとはわけが違う。高級なのに速いという、“紳士なのにケンカも強い”とか、“IQが高いのに足も速い”というような、いわばオトコにとっての最高のモテパターンを持つクルマだ。世のセレブといわれる人たちの間には、さぞかしそういう需要があるんでしょう。

ビジネスとは無関係にやれ!

そしたらね。偶然にも会場でベントレーの実質ナンバー2といわれる、セールス&マーケティング担当役員のスチュアート・マックローさんと話ができてしまった。しかもなかなかのスクープを拾っちゃったんで、ちょいとご披露しましょう。

小沢: なんでまたブルックランズができちゃったんでしょう。こんなに暴力的なまでのパワー、誰が求めるんです?
SM: まだ誰にも言ってない話があるんですけど聞きたいですか?
小沢: もちろん!
SM: よろしい。教えてあげましょう。実はブルックランズは、ベントレーの最初のリサーチでは絶対に必要なモデルとして上がって来ませんでした。セールス&マーケティングで調査したらいらないと。
小沢: わかる気もします。なにしろ530psのクーペですから。
SM: そもそも現在ベントレーには「コンチネンタルGT/GTC」という魅力的な2ドアモデルがあります。これ以上大きなクーペがいると思いますか?
小沢: いいえ。
SM: ですから経営陣がスタッフに出した最初の指示とはこういうものだったのです。“ビジネスとは無関係にネクストジェネレーションのベントレーを作れ”と。
小沢: なるほど。非常に大まかにね。
SM: そうしたらどうしたことか、スタッフが勝手に作っちゃったんですね。「アルナージ」をベースにこのクルマを。
小沢: よっぽどエンジニアやデザイナーは欲しかったんでしょうね。速くて強いベントレーを。ル・マンでも勝っちゃったし。
SM: できあがったモデルを見たとたん経営陣は叫びました。WOO! いいじゃないか! と。
小沢: つまり、マーケティングではなく、損得抜きで作り手側が作りたいから作った。それがブルックランズなんだと。
SM: その通り。ですから販売台数も控えめに550台に限定したんですが、これが予想外にも予約が殺到。嬉しい悲鳴ですよ(笑)。

うーん、まさにホンダが初代「シティ」を作った時とか、F1に復帰した時のようなステキなエピソード。そう、ベントレー・ブルックランズはトップダウンではなく、下から湧き上がる夢のアイデアにより生まれたのだ。

しかし少量生産がゆえに許される、このヒラメキのクルマ作り。これまたプレミアムブランドの一つのアドバンテージなんでしょうね、きっと。

(文と写真=小沢コージ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』