新型「スカイライン・クーペ」、韓国でもお披露目

2007.04.05 自動車ニュース
「インフィニティG37 クーペ」
新型「スカイライン・クーペ」、韓国でもお披露目

新型「スカイライン・クーペ」、韓国でもお披露目

日産自動車は、2007年4月5日から開催されるソウルモーターショーに新型「インフィニティG37クーペ」(日本名「スカイライン・クーペ」)など、5車種7モデルを出展すると発表した。

「インフィニティFX45」
新型「スカイライン・クーペ」、韓国でもお披露目

新型「インフィニティG37クーペ」のオートショー出展は、先のニューヨークに続いて2度目。アジア地域では初となる。
韓国での実車発売は、2007年後半を予定しているという。

同国では、2005年7月からインフィニティブランドが展開される。現在のディーラー数は4店舗で、2006年の販売実績は1712台だった。

今回のソウルモーターショーでは、G37クーペのほか、昨2007年10月より世界に先駆けて韓国で販売が開始された「G35セダン」(スカイライン・セダン)を出展。さらに「M35/45セダン」(フーガ)、「Q45セダン」(シーマ)、クロスオーバーSUVの「FX35/45」が並ぶ。

インフィニティ車は現在、ほかに北米、台湾、中東、ロシアで販売されている。2007年には中国及びウクライナ、2008年には欧州への導入計画が伝えられる。

(webCG)

関連キーワード:
スカイラインクーペ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発売した。「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準装備としたほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • 谷口信輝の新車試乗――日産GT-Rプレミアムエディション(後編) 2017.7.6 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「日産GT-R」に試乗する。歴代のGT-Rにただならぬ思いを抱いている谷口。R35型GT-Rの最終進化版ともささやかれる2017年モデルをどう評価するのだろうか?
ホームへ戻る