【スペック】全長×全幅×全高=4730×1775×1415mm/ホイールベース=2850mm/車重=1540kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(320ps/6200rpm、42.0kgm/3600rpm)/価格=493万2900円(テスト車=614万5650円)

トヨタ・マークX“スーパーチャージャー” 300G“Sパッケージ”(FR/6AT)【試乗記】

落ち着いた走りで好印象 2007.04.05 試乗記 トヨタ・マークX“スーパーチャージャー” 300G“Sパッケージ”(FR/6AT)
……614万5650円

トヨタ・マークXをベースにスーパーチャージャーとスポーツサスペンションを搭載したコンプリートモデル「マークX“スーパーチャージャー”」。モデリスタが手がけたカスタマイズカーに試乗した。

ディーラーで買えるコンプリートカー

「マークX“スーパーチャージャー”」は、トヨタ車のカスタマイズを担当するトヨタモデリスタインターナショナルがマークXをベースに手がけたコンプリートカーだ。
その名のとおり、このクルマの特徴は3リッター直噴V6の3GR-FSEユニットにスーパーチャージャーを与えることで、ノーマルの256ps/6200rpm、32.0kgm/3600rpmと比較して大幅なパフォーマンスアップになる320ps/6200rpm、42.0kgm/3600rpmを実現したこと。

実はこのエンジン、すでにトヨペット店50周年記念車「スペシャルバージョン」に搭載された実績があるもので、開発はレーシングチームでありトヨタのチューニングブランドであるトムスが担当している。モデリスタはこれをマークXの心臓として選ぶとともに、さらにスポーティなクルマを狙い、スポーツサスペンションキットを採用している。

ベースモデルは、「300Gプレミアム」と「300G“Sパッケージ”」のふたつ。ベースの状態では300G“Sパッケージ”のみに備わる225/45R18 タイヤ、18×8JJアルミホイール、16インチスポーツブレーキ、専用フロントスタビライザーといったアイテムが、マークX“スーパーチャージャー”ではどちらのモデルにも標準装着されることになる。

価格は、マークX“スーパーチャージャー”300Gプレミアムが514万3950円、300G“Sパッケージ”が493万2900円である。

スペック以上に見逃せないのが、このクルマの販売体制だ。マークXのアクセサリーカタログや、トヨタのホームページに掲載されることからもわかるように、マークX“スーパーチャージャー”は正規ディーラーで買えるコンプリートカーである(ただし、持込登録が必要)。
それだけに買う側は安心して購入に踏み切れるのがうれしいところだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る