ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加

2007.04.04 自動車ニュース

ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加

ヒュンダイモータージャパンは、スペシャルティクーペの「ヒュンダイ・クーペ」を内外装に手を加え、2007年4月20日に発売する。

2002年に日本上陸をした「ヒュンダイ・クーペ」がフェイスリフトを受けた。
外観では前後バンパーの意匠を変更し、薄型デザインのヘッドランプや丸形ストップランプを組み込んだリアコンビネーションランプを採用。ボンネットも新デザインとされた。

内装にも手が加えられ、センターコンソールのデザインは一新。ステアリングホイールやエアアウトレットにメタル調のパーツを用いるなど、質感の向上が図られた。内外気自動切り替えシステム付きフルオートエアコンも標準装備される。

機関面での変更はない。エンジンは従来同様、2.7リッターV6(167ps、25.0kgm)のみ。組み合わせられるトランスミッションは、6段MTと4段ATとなる。

同時に新たなグレードとして「FXスペシャル」が設定された。サンルーフやESPなどが装備から省かれた廉価グレードだ。

価格は標準グレードの「FX」が6MT、4ATともに240万4500円、「FXスペシャル」が208万9500円。

(webCG 本諏訪)


ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヒュンダイ・クーペ FX (FF/6MT)【ブリーフテスト】 2007.7.31 試乗記 ……260万2350円
    総合評価……★★

    他社のクーペとスペックだけで較べると、思わず「安い」と呟いてしまいそうな、「ヒュンダイ・クーペ」。その実力を試す。
  • フィアット・バルケッタ(5MT)【ブリーフテスト】 2004.12.28 試乗記 ……292万9500円
    総合評価……★★★★

    イタリアン2シータースポーツの「フィアット・バルケッタ」がフェイスリフト。ライバルがモデルチェンジする中で、デビューしてからすでに10年が経つ古株モデルに、自動車ジャーナリストの森口将之が乗った。


  • フィアット・バルケッタ/ヒュンダイ・クーペ【試乗記】 2005.3.17 試乗記 フィアット・バルケッタ(FF/5MT)/ヒュンダイ・クーペ(FF/4AT)


    「輸入車の祭典」JAIAは、「日陰のモデル」に触れるチャンスでもある。地味ではあるが、日本車に足りない部分をカバーしてくれている2台のクルマ、「フィアット・バルケッタ」と「ヒュンダイクーペ」に、NAVI編集委員鈴木真人が試乗した。


  • ヒュンダイ・トラジェ2.7GLS(4AT)【ブリーフテスト】 2001.4.5 試乗記 ……229.1万円
    総合評価……★★




  • フィアット「バルケッタ リミテッドエディション」に乗る 2000.2.16 自動車ニュース 1996年に日本で発売されたフィアットの2シーターオープンスポーツカー「バルケッタ」に、NAVI編集部アオキ記者が乗った。真っ黒なボディペイントに真っ赤なレザーインテリア。シートの座面と背もたれの身体が触れる部分は、グッチのバッグように、四角いステッチが斜めに並んでいる。クロスオーバーステッチというらしい。「な〜に、気取っちゃってェ」テスト車のフィアット・バルケッタは、リミテッドエディション。リミテッドといいつつ、ディーラーに「バルケッタください」と赴くと、標準モデル283.5万円の在庫がない限り、330.0万円のこちらを買うしかない。追加装備は、ヘッドレスト後方に備わる風の巻き込みを防ぐウィンドストップ、チタンスタイルと呼ばれる艶消しシルバーのセンターパネル、それに15インチの専用アルミホイールなどである。「オマエは庶民派ではなかったのか」と思いながらステアリングホイールを握って、ホッとする。思いのほか(?)シッカリしたフロア、反応のいいエンジン、幌を下ろせば全身を風にさらすかのような開放感、バルケッタの美点は色あせていない。アルミヘッドをもつ1.7リッター・ユニットは、ツインカムながらさして回りたがらないし、官能的なノートを奏でたりもしないけれど、言い換えれば、低回転域からしっかりトルクをつける実用ユニットである。運転に気を使うことなく、隣の女性にちょっかいを出すことができる。フィアットのオープンスポーツは、気が置けないモデルなのだ。スタイルが、アルファほどトガっていないのもイイ。FF車ゆえの高いフロント部を、丸みのあるノーズで包み、肉感的なテイルでバランスを取る。フェラーリのバルケッタこと166を彷彿とさせるラインをボディサイドにうねらせ、ボタンを押すとレバーが飛び出すドアハンドルは、フィアット8Vからの引用だ。歴史に裏打ちされた愛嬌あるカタチは、古くならない。(NAVI編集部 アオキ)
ホームへ戻る