ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加

2007.04.04 自動車ニュース

ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加

ヒュンダイモータージャパンは、スペシャルティクーペの「ヒュンダイ・クーペ」を内外装に手を加え、2007年4月20日に発売する。

2002年に日本上陸をした「ヒュンダイ・クーペ」がフェイスリフトを受けた。
外観では前後バンパーの意匠を変更し、薄型デザインのヘッドランプや丸形ストップランプを組み込んだリアコンビネーションランプを採用。ボンネットも新デザインとされた。

内装にも手が加えられ、センターコンソールのデザインは一新。ステアリングホイールやエアアウトレットにメタル調のパーツを用いるなど、質感の向上が図られた。内外気自動切り替えシステム付きフルオートエアコンも標準装備される。

機関面での変更はない。エンジンは従来同様、2.7リッターV6(167ps、25.0kgm)のみ。組み合わせられるトランスミッションは、6段MTと4段ATとなる。

同時に新たなグレードとして「FXスペシャル」が設定された。サンルーフやESPなどが装備から省かれた廉価グレードだ。

価格は標準グレードの「FX」が6MT、4ATともに240万4500円、「FXスペシャル」が208万9500円。

(webCG 本諏訪)


ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加の画像

関連キーワード:
クーペヒュンダイ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヒュンダイ・クーペ FX (FF/6MT)【ブリーフテスト】 2007.7.31 試乗記 ……260万2350円
    総合評価……★★

    他社のクーペとスペックだけで較べると、思わず「安い」と呟いてしまいそうな、「ヒュンダイ・クーペ」。その実力を試す。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • ヒュンダイ i30(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2008.4.7 試乗記 ……1905万ウォン(本国価格)
    総合評価……★★★

    既に欧州で好評が伝えられる、ヒュンダイの新型コンパクト「i30」。日本市場への導入が予定される2リッターモデルの実力を試した。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る