ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加

2007.04.04 自動車ニュース

ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加

ヒュンダイモータージャパンは、スペシャルティクーペの「ヒュンダイ・クーペ」を内外装に手を加え、2007年4月20日に発売する。

2002年に日本上陸をした「ヒュンダイ・クーペ」がフェイスリフトを受けた。
外観では前後バンパーの意匠を変更し、薄型デザインのヘッドランプや丸形ストップランプを組み込んだリアコンビネーションランプを採用。ボンネットも新デザインとされた。

内装にも手が加えられ、センターコンソールのデザインは一新。ステアリングホイールやエアアウトレットにメタル調のパーツを用いるなど、質感の向上が図られた。内外気自動切り替えシステム付きフルオートエアコンも標準装備される。

機関面での変更はない。エンジンは従来同様、2.7リッターV6(167ps、25.0kgm)のみ。組み合わせられるトランスミッションは、6段MTと4段ATとなる。

同時に新たなグレードとして「FXスペシャル」が設定された。サンルーフやESPなどが装備から省かれた廉価グレードだ。

価格は標準グレードの「FX」が6MT、4ATともに240万4500円、「FXスペシャル」が208万9500円。

(webCG 本諏訪)


ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ヒュンダイ・ソナタ2.4GLS(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2006.2.3 試乗記 ……246万7500円
    総合評価……★★★

    ヒュンダイが世界戦略車と位置付ける「ソナタ」が日本に導入された。北米市場で「カムリ」「アコード」と販売合戦を繰り広げるミドルクラスセダンの実力はいかなるものか。


  • ヒュンダイ i30(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2008.4.7 試乗記 ……1905万ウォン(本国価格)
    総合評価……★★★

    既に欧州で好評が伝えられる、ヒュンダイの新型コンパクト「i30」。日本市場への導入が予定される2リッターモデルの実力を試した。
ホームへ戻る