ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加

2007.04.04 自動車ニュース

ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加

ヒュンダイモータージャパンは、スペシャルティクーペの「ヒュンダイ・クーペ」を内外装に手を加え、2007年4月20日に発売する。

2002年に日本上陸をした「ヒュンダイ・クーペ」がフェイスリフトを受けた。
外観では前後バンパーの意匠を変更し、薄型デザインのヘッドランプや丸形ストップランプを組み込んだリアコンビネーションランプを採用。ボンネットも新デザインとされた。

内装にも手が加えられ、センターコンソールのデザインは一新。ステアリングホイールやエアアウトレットにメタル調のパーツを用いるなど、質感の向上が図られた。内外気自動切り替えシステム付きフルオートエアコンも標準装備される。

機関面での変更はない。エンジンは従来同様、2.7リッターV6(167ps、25.0kgm)のみ。組み合わせられるトランスミッションは、6段MTと4段ATとなる。

同時に新たなグレードとして「FXスペシャル」が設定された。サンルーフやESPなどが装備から省かれた廉価グレードだ。

価格は標準グレードの「FX」が6MT、4ATともに240万4500円、「FXスペシャル」が208万9500円。

(webCG 本諏訪)


ヒュンダイクーペ内外装を一新。廉価グレードも追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ヒュンダイ・クーペ FX (FF/6MT)【ブリーフテスト】 2007.7.31 試乗記 ……260万2350円
    総合評価……★★

    他社のクーペとスペックだけで較べると、思わず「安い」と呟いてしまいそうな、「ヒュンダイ・クーペ」。その実力を試す。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • ヒュンダイ i30(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2008.4.7 試乗記 ……1905万ウォン(本国価格)
    総合評価……★★★

    既に欧州で好評が伝えられる、ヒュンダイの新型コンパクト「i30」。日本市場への導入が予定される2リッターモデルの実力を試した。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その14) 2017.3.10 画像・写真 富士重工は第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型「スバルXV」(欧州仕様)を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。併せて、スズキとマツダのブースの様子を紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
ホームへ戻る